Loading...

頭が良くなる魔法の液体、それは「水」

Drops of water

 

 水を飲むだけで頭が良くなる?

水で頭が良くなる!」って実験が面白かったんでメモ(1)。

 

 

これは114人の男女を対象にした実験で、水分の摂取が脳の機能に与える影響をチェックしたもの。水分が足りないと脳の働きが悪くなっちゃうのは常識でしょうが、この研究が良いのは、とくにのどが渇いてないときに水を飲んだらどうなるか?ってのを調べたとこであります。

 



最大で注意力が23%もアップ

実験では、参加者を以下の3グループにわけたんですね。

 

  1. 25mlの水を飲む
  2. 300mlの水を飲む
  3. 水を飲まない

 

その後、20分ほどの休憩を置いて、全員の注意力と記憶力を計るテストをしたところ、

 

  • 注意力
    • 水25ml=12%向上
    • 水300ml=23%向上
    • 水なし=1%低下
  • 記憶力
    • 水25ml=2%向上
    • 水300ml=6%向上
    • 水なし=1%低下
  • のどの渇き
    • 水25ml=11%上昇 
    • 水300ml=56%低下 
    • 水なし=6%上昇
  • 気分
    • 水25ml=15%改善
    • 水300ml=18%改善
    • 水なし=5%改善

 

みたいな結果だったんですね。結構ハッキリと違いが出てますねぇ。

 

 

のどが渇いてなくても、水を飲めば脳の機能はあがる

この論文のざっくりした傾向を申しますと、

 

  • 別に脱水状態じゃなくても、水を飲むほど注意力と記憶力が上がる
  • のどは乾いたままの状態でも、とりあえず少量の水さえ飲めば脳の機能は上がる

 

といったとこでしょうか。体内の水分が足りている状態でも水を飲むと頭が良くなるんだ、と。しかも25mlという少量でも効果が出てるのが興味深いですねー。

 

 

ちなみに、水でここまで脳の働きが変わる理由は不明。体内の水分が足りている以上は、脳が何らかの錯覚を起こしてるんだとは思いますが。実際、ちょっと前にも「砂糖水で口をゆすぐだけで意志力がアップ!」みたいな話もありましたんで、これに近いメカニズムなのかもですなー。

 

 

まとめ 

そんなわけで、この実験を現実に活かすならば、

 

  • 試験やプレゼンの20分前には最低300mlの水を飲んで置こう!

 

 ってことになるでしょうね。それだけで注意力が23%も変わってくるんだから、試さない手はないっすな。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。