Loading...

エクササイズと勉強を同時にすれば、両方の効率がまとめてアップする

Testing on treadmill
 
当ブログでは、よく「マルチタスクはやばい!」って話を書いております。過去のあらゆる心理実験では、同時に2つの作業を行うと逆に効率が落ちるって結果なんですね。

 

 

ところが、近ごろ出た論文(1)では「マルチタスクが効く場面もある!」って結果が出てておもしろいです。

 

 

これはフロリダ大の実験で、まずは48名の参加者に認知テストをしてもらったんですね。その後、全員にエアロバイクに乗ってもらいまして、ペダルをこぎながら再び認知テストを行ったんだそうな。

 

 

テストの内容は、モニタに星マークが出たらボタンを押したり、長い数列を逆から読んでもらったりするぐらいのレベル。認知テストとしては簡単なほうですね。





その結果は、

 

  • 簡単な認知テストを行うと、ペダルをこぐスピードがアップする
  • テストが難しくなると、ペダルをこぐスピードは下がり始める
  • しかし、テストが最高に難しくなると、ペダルをこぐスピードは再び上がる
  • 全員の認知テストの結果が向上した


といった感じだったらしい。認知テストと運動を組み合わせると、どちらの効率もアップするわけですね。

 

研究者いわく、

 

過去のマルチタスク実験では、いちどに2つの作業を行うと必ず作業スピードは下がった。たいていの人は、歩きスマホを始めたとたんに歩行スピードが下がる。それが普通なのだ。しかし、今回の実験では逆の現象が起きた。

おそらく認知テストに意識が集中したせいで、ペダルをこいでいる事実が頭から抜けたのだろう。


とのこと。どういうことかと言いますと、

 

  1. 運動で脳の前頭葉が活性化する
  2. 認知機能があがって、テストの結果があがる
  3. テストで認知に負荷がかかり、さらに前頭葉が活性化
  4. 運動機能に関する神経伝達物質が分泌される
  5. 運動の能力も上がる!


みたいな感じ。もちろん、サッカーやバスケと同時に頭脳労働をするのはムリでしょうが、ウォーキングやトレッドミルぐらいの簡単な運動であれば、お互いに良いサイクルを生むことができるわけですね。

 

 

実際、「軽いエクササイズで外国語の学習スピードがアップする」や「トレッドミルデスクには頭を良くする効果もある」ってデータもありますし、歩きながら本を読んだり仕事をするのが十分アリっぽいっすね。
 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。