Loading...

他人から頭が悪く見られてしまう2つのポイントは「眉間」と「まぶた」

Eyelid

 

 魅力的な人は頭も良く見られがち

ちょっと前に 「頭が良く見せる方法」について書きましたが、今度は「睡眠が足りないと頭が悪く見えるぞ!」ってオモシロ論文(1)が出ておりました。研究者いわく、

 

世の中には、「魅力のハロー効果」という悪名高い心理現象がある。魅力的な人を見ると、魅力的でない人よりも知性まで優れていると思ってしまう現象だ。

 

そこで我々が知りたかったのは、私たちが他人の知性をどこで判断しているのか?という点である。

 

とのこと。ルックスが良い人はいろいろと得なことが多いわけですが、そこには「魅力的な人は頭も良いはずだ」と思い込んでしまうバイアスも強く関連しております。果たして、このバイアスはどこから生まれるのかって疑問ですね。

 

 



 

眉とまぶたの表情が頭を悪くみせる

これはセントアンドリュース大学の実験で、100人の成人と90人の子供が対象。まずはみんなの「普通の表情」を写真に撮り、200人の第三者に全員の「魅力度」と「どれだけ頭が良さそうか」を採点してもらったんですね。

 

 

そのうえで、すべての写真を顔相処理ソフトにかけたところ、

 

  • 頭が悪いと思われがちな人は、
    • かすかに眉をひそめがち
    • まぶたが眠たげなことが多い

 

って結果だったそうな。ちょっと不機嫌そうな表情の人は、頭が悪く見られがちなんだ、と。

 

眠そうなまぶたと、ひそめた眉は、どちらも疲労と不機嫌さを表すサインとしてとらえられる。そして、疲れて不機嫌な人は認知機能が低下しているケースが多い。

 

疲れてる人は頭が回ってないケースが多いので、似たような表情を見ると、無意識のうちに「頭が悪そうだ!」と思っちゃうわけですな。

 

 

「頭を良く見せたきゃちゃんと寝よう!

これは同論文の追試でも確認されてまして、同じ参加者たちに対して、

 

  1. グッスリ寝た状態で写真を撮る
  2. 睡眠を制限した状態で写真を撮る

 

の2パターンにわけたところ、睡眠不足の写真ほど「知性が低そう!」と判定されたとか。

 

最近の研究により、いかに微妙な表情が他人の判断に影響を与えるかがわかってきた。睡眠は脳のパフォーマンスに必要なだけではない。他人の判断にも重要なのだ。

 

とのことで、「頭を良く見せたきゃちゃんと寝よう!」って結論になっております。

 

この研究のポイントは簡単だ。仕事の面接に行かねばならないときは、授業中に最前列の席に座らなければならないときは、目を開いて眉間をリラックスさせておこう。もちろん、たっぷりと睡眠を取るのも忘れてはいけない。それだけで、より頭が良いようにみせられる。

 

とにかく、他人にハッタリをかましたきゃ、グッスリ寝て目をパッチリさせとくのが大事って話でした。気をつけよう…。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。