Loading...

スポーツドリンクを飲むぐらいなら“あれ”を食べたほうが運動の炎症に効くよ!という実験

Sport dring

 

スポーツドリンクより格段に運動の疲れに効くものがあるよー」って論文(1)がおもしろいんでメモ。

 



 

これは20人のプロサイクリストを対象にした実験で、まずは全員に75キロのライディングをお願いしたらしい。その際に全体を3つにわけまして、

 

  1. ただの水を飲む
  2. スポーツドリンクを飲む(糖分と電解質が入ってるようなやつ)
  3. バナナ(1本の半分)を食べる

 

って感じに振り分けたらしい。糖分補給(または水分補給)の時間は30分おきだったとのこと。

 

 

その後、運動の後や45時間後などいくつかのポイントで全員の血液を採取しまして、体内の炎症レベルなんかをチェックしたらしい。

 

 

当たり前ですけど、激しい運動をすると体内の炎症が増えるんで、疲れが長引いちゃったりするんですよね。その辺を、スポーツドリンクやバナナが改善してくれるのではないか?と考えたわけですね。「そもそも炎症ってなに?」という方は、「あらゆる不調を引き起こす慢性炎症の話」をどうぞー。

 

 

でもって、結果がどうだったかというと、

 

  • 水だけ飲んだ参加者が、もっとも炎症のレベルが高かった(これは糖質を取ってないので当然)
  • スポーツドリンクを飲んだ参加者は、炎症レベルがそこそこ低くなっていた(まぁこれも当然)
  • バナナを食べた参加者は、炎症レベルがかなり下がったうえにCOX-2が減ってた

 

だったんですね。COX-2ってのは酵素の1種で、炎症や痛みの原因になる物質を増えやすくする働きを持ってたりします。癌細胞が増えちゃうのもこいつが原因のことが多かったりとか。COX-2の減少はバナナに特有のもので、水やスポーツドリンクでは起きなかったらしい。

 

 

基本的にCOX-2は炎症レベルを上げるんで、こいつが少ないほうが良いのは間違いないところ。イブプロフェンなんかが効くのもCOX-2を抑えてくれるおかげなんですが、まさかバナナに同じような作用があるとは、ちょっとビビりますなぁ、

 

 

ただし、いまのところなんでバナナがCOX-2の抑制に効くのかは謎。30分ごとにバナナを食べるのが最適のタイミングなのかもよくわかっておりません。まぁ一般人のスポーツ好きが使う分には、適当なタイミングで好きな量を食べればいいと思いますが。

 

 

研究者いわく、

 

自然なものを好む人は、エクササイズ時にバナナを食べるといいだろう。値段も安いしスポーツドリンクの代用になる成分が十分にふくまれている。バナナは非常によさそうだ。

 

とのこと。私も特にスポーツドリンクなどは飲んでなくて、エクササイズのときは主に水だったんですけど、今後はバナナで行ってみるか……。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「パレオダイエットの教科書」と「服用危険」って本が発売中です。