Loading...

モテるためには「笑顔」はどこまで大事なのか?問題

Smileman

 

モテたきゃとりあえず笑顔だ!」みたいな考え方があるわけです。そりゃあ不機嫌な人より笑顔の方が印象はいいんで、いかにもモテやすそうではありますな。

 

 

が、最近のデータ(1)では「いつも笑顔がモテるわけじゃないんだよ!」って話になってておもしろいです。

 



 

これは専修大学などのチームが行なった実験で、日本、ノルウェイ、イタリアから218人の女性を招いたもの。全員に対して、

 

  1. 笑顔
  2. ニュートラルな顔

 

という2パターンの表情を浮かべた男性の顔写真を見てもらった上で、

 

  • 短時間のデートをしたいのは誰?
  • 結婚も視野に入れた長期の関係を結びたいのは誰?

 

と尋ねて採点してもらったんですね。すると、結果は必ずしも笑顔の勝利じゃありませんで、

 

  • サクッとデートをしたいのは「ニュートラルな顔」
  • 結婚まで考えるなら「笑顔」

 

って違いが出たんだそうな。「男性と軽く遊びたい!」と思ってる女性に対しては、実は笑顔じゃない方がいいわけっすね。

 

 

研究者いわく、

 

長期的な関係においては、笑顔は男性の魅力を高める。しかし、短期的な関係においては違う。

 

長期的なパートナーに対して笑顔の効果が高苦くなるのは、東アジアだけでなくヨーロッパの被験者にも確認された。

 

また、ニュートラルな表情に比べて、笑顔には「男性らしさが低い」「信頼感がある」「成熟している」といった印象を与える作用があるようだ。

 

とのこと。笑顔の男は信頼されやすいんだけど、一方では男らしくないと思われちゃうデメリットもあるんだ、と。

 

 

当ブログを長くお読みの方ならお気づきでしょうが、これは進化の過程で出来上がったシステムであります。ざっくり説明すると、

 

  • 長期的な付き合い=信頼できそうな男の方が子育てに参加してくれそうなので、優しい笑顔の相手を好むように進化!
  • 短期的な付き合い=男らしい人の方が生存に有利な遺伝子を持ってるので、笑顔を下に見るように進化!

 

みたいな感じです。さらに研究者いわく、

 

社交的で協力的なキャラクターは、長期的な関係を結ぶために有効だが、短期的な関係にはさほどの重要性がない。長期的な関係性には「子育て」が必須だが、短期的なら関係がないからだ。

 

長期的な関係においては、女性はより「信頼性」に重きを置いた方が子育てには有利になる。さもないと、妊娠中や出産後に、子育てのリソースを失ってしまいかねない。

 

ってことで、なかなか笑顔も一筋縄じゃいかんもんですな。

 

 

もっとも、この傾向はあくまで男性だけのものでして、2011年の論文(2)などでは「女性の場合は笑顔であればあるほどモテる!」って傾向が出てたりします。女性は笑顔の使い分けは必要なさそうっすね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「最高の体調」と「パレオダイエットの教科書」って本が発売中です。