Loading...

激しく金持ちになりやすい人ってどんな性格なの?を調べた研究の話

Childmoney

 

金持ちになりやすい人ってのは間違いなく存在していて、

 

 

みたいな話が出てたりするわけです。もちろんお金儲けは複雑な現象なんで「これ!」といったポイントの特定は難しいんだけど、総じて「誠実性が重要」ってあたりは一致しがちなポイントじゃないでしょうか。

 

 

で、新しくでたデータ(R)も「金持ちはどんな性格の人が多いの?」みたいな話です。

 

 

これはミュンスター大学の研究で、ドイツに住む130人の大富豪が対象。最低でも100万ユーロの金融資産を持ってる人を対象にしたそうな(日本円で1億3000万ぐらい)。現金、土地、住宅、貴金属などはふくまれてないんで、総資産にしたらだいぶはね上がりそう。

 

 

でもって、どんな調査をしたのかと言いますと、

 

  1. お金持ちのビッグファイブを調べる
  2. その結果を一般層のビッグファイブとくらべる

 

みたいな感じです。これでお金持ちに特有のパーソナリティ特性がわかるわけですな。

 

 

その結果、一般人と金持ちのビッグファイブは何が違ったかと言いますと、

 

  • お金持ちはのいいとこは……
    • 外向性が高い!(≒人見知りしないタイプ)
    • 開放性も高い!(≒好奇心いっぱい)
    • 誠実性が高い!(≒マジメに働く)
    • 神経症傾向が低い!(≒感情が安定してる)

 

  • お金持ちはの困ったとこは……
    • 協調性が低い!(≒かなりのわがまま)
    • ナルシスト!(≒自分大好き!)

 

 

みたいな感じ。研究者いわく、

 

金持ちの60%以上は自分の会社を経営し、そこから多大な収入を得ていた。そのため金を儲けるには、起業家的な行動に向いたパーソナリティが重要になる。

 

今回の研究では、大半の金持ちは、外向性・誠実性・開放性が高く、ナルシストで協調性がない傾向があった。

 

この組み合わせは、起業家が新たな顧客を獲得したり、財務をマネージメントしたり、イノベーションに満ちた商品を開発したり、サプライアーと交渉したり、不確定要素やリスクを耐え抜くのに最適なのだろう。

 

とのこと。

 

 

つまり、協調性が低いから自分で会社を起こすし、外向性があるから新しい顧客とも気さくに話せるし、誠実性が高いから財務マネージメントもコツコツやるし、開放性が高いから新しい商品を思いつくのが得意で、神経症傾向が低いナルシストだからリスクにも耐えられるんだ、と。そうかもですなぁ。

 

 

そもそも、最近も「ナルシストは意外とメンタルが強くて成功しやすい」なんて話もありましたし、自分が好きなのも現代では適応的な特性なんでしょうな(自己愛性パーソナリティ障害まで行くとまた別ですけど)。やはり、なにごとも適度なレベルなら良い方に働くんだってことで。

 

 

ちなみに、我が身を振り返ると、神経症傾向は改善したものの外向性は低いままなんで、金持ちへの道は遠いように思うわけです(協調性も高めだし)。うーん。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item