search

プロテインにコーヒーを混ぜた「プロフィー」って体にいいの?

 
 

こんなご質問をいただきました。

 

海外でよく見かけるプロフィーはどう思われますか?鈴木さんはバターコーヒーに否定的だったと思いますが、これは良さそうな気がします!

 

このご質問をいただくまで「プロフィー」のことを知らな買ったんですけど、調べてみたら youtubeにも結構な数の紹介動画がありました。TikTok発で広まった話みたいですね。

 

 

で、プロフィーがどんな話かと言いますと、

 

  • コーヒーにプロテインを混ぜて飲もうぜ!

 

みたいなムーブメントだそうです。うーん、シンプル。

 

 

当然、決まったレシピがあるわけでもなくて、ざっと見てみたところ、

 

  • 最大20〜30gのプロテインとコーヒーを混ぜる人もいます

  • 使用するプロテインパウダーはホエイでもソイでも何でもいい

 

ぐらいのゆるいルールで運用されてる感じですね。なかにはスタバでベンティのコーヒーを頼んでその場でプロテインを投入してる人もいたし、バニラのプロテインをクリーマーに使ってる人もいたりしました。なるほどねぇ。

 

 

さて、このプロフィーが良いか悪いかと言われれば、「まぁ普通にいいんじゃないでしょうか」ぐらいの印象ですね。個人的にあまりバターコーヒーを推してないのは、

 

  • バターを入れても無駄に脂質のカロリーが増えるだけで、カロリーの質は低くなる
  • 「痩せる!」とか「頭が良くなる!」といった宣伝文句に根拠がない

 

ってとこに疑問があるからなんですが、別にプロフィーは過度な効果をうたってないみたいだし、プロテインについては複数のメリットが確認されてますしね。飽和脂肪酸を無闇に増やすよりはアリなんじゃないでしょうか(飽和脂肪が悪いと言ってるわけじゃないのでご注意ください)。

 

 

ちなみに、私がTikTokerを観測したところでは、

 

  • プロテインコーヒーをワークアウト用のドリンクとして使う
  • 朝食のタンパク質不足を補うために使う

 

ぐらいの目的で使用している方が多いようでして、これぐらいの感覚で使うならなんの問題もないんじゃないでしょうか。もともとコーヒー自体がプレワークアウトサプリとして有効なのは間違いなく、たいていの人は、運動の30〜60分前にカフェインを摂取するだけで持久力と集中力が高まったりしますんで(もちろん、使い続ければ耐性がついちゃうので注意は必要ですけど)。

 

 

また、タンパク質については、だいたい90分以上の運動をするんならエクササイズの前に飲むのも有効だろうなーって感じでして、それと申しますのも、

 

  1. エクササイズを長時間続けると、体内で使われるグリコーゲンが枯渇する

  2. その際に体内にアミノ酸があれば、筋肉の分解を防ぐことができる

 

といった流れが考えられるからであります。逆に言えば、そこまでの長いトレーニングじゃなければ、エクササイズ前にプロテインを飲む意義も薄いんで、あえてプロテインコーヒーを使うべきかは疑問ですが。

 

 

ってことで、せんじつめればプロフィーってのは「タンパク質+カフェイン+コーヒーのポリフェノール」ぐらいの飲み物なので、

 

  • 1日に必要なタンパク質を補いたいなら使ってもいいのでは?
  • 運動用に使うのもありっちゃありでは?

 

といったレベルの印象ですね。少なくともバターコーヒーほど変な話ではないので、試したい方はお試しいただければいいのではないかと。こんなシンプルなものが流行るってのもなんか不思議ですねぇ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item