Loading...

感情と体の関係を視覚化した「感情の身体地図」が面白い


「頭に血が昇った」とか「不安でお腹が痛い」なんて表現がありますが、実際に身体のどこが反応しているのかを調べた実験が面白いかったでメモ。

Bodily maps of emotions








フィンランドで行われた実験でして、701人の被験者に特定の感情を引き起こさせて、体のどこが活性化しているかを調べたもの。その結果は以下のとおり。色が黄色いほど活動レベルが高くて、黒はニュートラル、青が活動レベルの低い状態になっております。



一見して「幸福」の活性化ぶりが凄い! 「怒り」も頭が激しく活動してまして、「頭にきた!」って表現もあながち間違いじゃないのかも。


逆に「欝」の活動低下ぶりも恐ろしい。手足が冷えきっております。あと「愛」だけ股間の部分が妙に活性化しているのもわかりやすいですな(笑)。


自分の感情と身体反応に意識を向けるのは瞑想の基本ですので、今後は瞑想中にでも「いまは不安があるから胸のあたりに意識を集中しよう」といった感じで、この画像を活用していこうかなー、と思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。