search

メラトニンでダイエットがはかどる?1日10mgで体も若返る?みたいな話

Melatonie

 メラトニンでダイエットがはかどる!
こないだ「メラトニンはいろいろ凄いよー」みたいな話を書いたところ、新しく「メラトニンがダイエットの効果を上げる」みたいなオモシロ論文(1)が出てておりました。


ざっくりおさらいすると、メラトニンは体内時計をコントロールしてるホルモンであります。こいつが足りないと、夜になっても目が冴えちゃって眠れなくなりがち。


これはコペルニクス大学の実験で、肥満に悩む男女30人を対象にしたもの。年齢はだいたい30代後半で、BMIが30オーバーの人だけを選んだそうな。かなりの体型っすね。



 1日10mgのメラトニンで体重減少のスピードアップ?
実験ではみんなに30日のカロリー制限を指示しまして、

  • 女性:1日1,000〜1,200kcal
  • 男性:1日1,400〜1,600kcal

に調整。そのうえで全体を2つのグループにわけたんですな。

  • メラトニングループ:寝る1時間前に10mgのメラトニンを飲む
  • プラシーボグループ:寝る1時間前に10mgの偽クスリを飲む

そこから30日後の状態をチェックしたところ、

  • メラトニングループは体重が平均で約8kg減!(プラシーボは約4.5kg)

みたいな感じ。DXAを使ってないので体脂肪が減ったのか筋肉が減ったのかまではわかんないんですけど、とりあえず結構な差が出ましたねぇ。


メラトニングループはアンチエイジング物質も増えた
さらに、この実験では参加者の血液検査もやってまして、

  • メラトニングループはプラシーボにくらべて、

 って数字も出ております。上の3つはどれも老化を遅らせるホルモンで、とくにグルタチオンは抗酸化作用が強烈なことで知られいて。アディポネクチンやオメンチンは血管ダメージを防ぐ効果が有名。この結果は非常に面白いですねー。


研究者いわく、

メラトニンの摂取によるダイエット効果には、さまざまな身体的な要因が関わっているだろう。たとえば、脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変えたり、カロリーの消費バランスや代謝の割合が変わったり、アディポサイトの分泌量が変わったりといったものだ。

くわえて、食欲の調整や睡眠の改善による影響も考慮にいれるべきだろう。

 とのこと。とにかくメラトニンは、いろんな方向から体にとって良いことをしてくれるわけっすな。というか、メラトニンで普通の脂肪が褐色脂肪細胞に変わるのって初めて知ったなぁ。


まとめ 
そんなわけで、ざっくりまとめると、


可能性があるかも?といったところです。


もちろん、これはまだ研究としては初歩の初歩なんで、いますぐ「ダイエットにはメラトニンだ!」とは言えないところ。また、この実験では1日10mgを使ってまして、「そこまで飲んで大丈夫?」って感じもいたします。


いまのところ、メラトニンはそれなりに安全性が確認されたサプリではあるんですけど、個人的には1〜5mgぐらいの範囲で止めとくのがいいようにも思います。あと、メラトニンは飲むタイミングが超大事だったりもしますんで、試してみるときは、そのへんもご注意くださいませ。どうぞよしなに。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item