Loading...

今週の小ネタ:頭が良くなるかもしれないドリンク、ジャガイモで血圧が下がる、カップルが激しく仲良くなる方法

Summary

ひとつのエントリにするほどでもないけど、なんとなく興味深い論文を紹介するコーナーです。

 

頭が良くなるかもしれないドリンクとは?

まずはウェイクフォレスト大学などの研究(R)で、「ビーツジュースで頭が良くなるかもだ」みたいな内容になっております。

 

 

 

ビーツジュースはビートルートって野菜を使ったドリンクで、昔からエクササイズの効率が上がるよ!みたいに言われてきたアイテムのひとつ。くわしくは「よいこのための「一酸化窒素」入門」などをご覧いただければと思いますが、とにかく血管を広げて体内の血流を上げる働きを持つんですな。

 

 

で、この実験では70歳以上の男女14人に約500mlのビーツジュースを飲んでもらいまして、それから脳の血流をスキャンしたんだそうな。その結果を申し上げますと、

 

  • ビーツジュースを飲んだ直後から前頭葉の血流が上がった!

 

だったんですな。前頭葉はヒトの判断力とか記憶力をつかさどるエリアですな(超ざっくりですが)。

 

 

研究チームいわく、

 

過去の精度が高い実験によれば、ビーツジュースには血圧を下げる効果が確認されていた。しかし、まだビーツジュースで脳の血流が上がるのかどうかまではわかっていなかった。

 

前頭葉の血流は年齢とともに低下する。これは、痴呆症や認知症の引き金にもなるものだ。

 

ってことで、どうもビーツジュースは運動だけじゃなくて脳機能の低下予防にも役立つのかも。といっても、日本でビーツジュースを買うと高いんで、個人的には普通に葉物野菜(とくにホウレン草)をガンガン食べるほうをオススメしますが。

 

 

 

ジャガイモで血圧が下がるんだとか

 

上で取り上げたビーツジュースで血圧が下がるのは有名な話なんだけど、意外にも「ジャガイモも効くかもだ!」なんてデータ(R)も出ておりました。

 

 

こちらはスクラントン大学などの研究で、高血圧に悩む男女18人を対象にしたクロスオーバー実験になっております。具体的には、

 

  1. 小さなジャガイモを1日6〜8個ずつ食べる
  2. これを4週間続ける

 

みたいなデザインでして、実験ではフィトケミカルが豊富な紫ジャガイモを使った模様。調理法はオイルを使わず、皮もむかないで電子レンジ調理を行ったそうな。

 

 

で、どんな変化が出たかというと、

 

  • ポテトを食べたら最低血圧が4.3%低下!最高血圧が3.5%低下!

 

みたいな感じだったんですな。たんにジャガイモを食べただけにしては、なかなかの成果だと申せましょう。

 

 

研究チームいわく、

 

一般的にジャガイモは評判が良くない野菜のひとつだ。みんな、ジャガイモは太りやすく、糖質が多く、栄養もないと考えている。

 

しかし実際には、フライドポテトにせずにバターも使わない調理法であれば、ジャガイモひとつは110kcalしかないし、有用なフィトケミカルやビタミンもふくまれている。

 

とのこと。私もかつてはジャガイモについて思い直したことがありますんで、この見解には大いに納得であります。まぁ実験としてはゆるめですが、ジャガイモは嫌わなくてもいいですよーってことでひとつ。

 

 

 

カップルが激しく仲良くなる方法とは?

 

最後はノーザンブリア大学の論文(R)で、「カップルが激しく仲良くなる方法とは?」って問題を調べた内容になっております。具体的には38人の男女を集めて、

 

  • 3週間のマッサージコースに参加して、身につけたスキルを自分のパートナーに試してみてね!

 

って指示を出したんだそうな。マッサージのリラックス効果はよく知られたところですが、人間関係の改善にも使えるんじゃないか?と考えたわけですね。

 

 

でもって、その結果について研究チームいわく、

 

 マッサージを行ったカップルは一様に幸福度が高まった。マッサージはカップルの健康とメンタルの幸福を高める良い方法なのかもしれない。

 

今回のデータでは、短いマッサージでも人間関係の改善には長い影響力を持つようだ。

 

だそうです。ほんの十数分のマッサージでも2〜3週間は幸福度アップ効果が続くみたいなんで、パートナーシップにお悩みの方は試してもいいかもですねー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item