Loading...

「牛、豚、鳥」ダイエットにベストなお肉はどれ?

Th beef

肉の種類に痩せやすいとかあるのでしょうか?」という面白い質問をいただきましたので、ちょっと考えてみたいと思います。


で、結論から言っちゃうと、残念ながら痩せやすい肉というのはないんですが、肉の種類ごとにメリットが大きく異なるんで、そのへんをまとめてみようと思います。最終的な結論は一番下の「まとめ」に書いてあるんで、読むのがめんどうな方はそちらをどうぞ。

赤身肉のいいところ・悪いところ

牛や羊、ヤギなんかに代表される赤身肉は、微量栄養素が豊富なのが大きなメリット。具体的には、

  • ビタミンB群
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • その他ミネラル


あたりが大量にふくまれています。特に赤身肉の鉄分は体に吸収されやすく、ホウレン草から鉄を摂るよりも効率的。また、赤身肉の脂肪にはビタミンDの吸収を助ける働きがありまして、これも大きなメリットであります。


また、牛肉は脂肪のクオリティも高くて、オメガ6とオメガ3のバランスが4:1というすばらしさ。ご存じのように、体内のオメガ3量はアンチエイジングにとって最重要ポイントの1つで、この比率が1:1に近いほど老化が進みにくいんですな。ちなみに現代の日本人は、西洋風の食生活が進んだせいで10:1〜40:1ぐらいまでバランスが悪化しているそうな。


一方で赤身肉は、毒性が強いAGE(糖分とたんぱく質を熱してできる物質)が多くて、老化が進む原因になりやすいってデメリットもありまして、このあたりをどう考えるかが難しいところ。

鳥肉のいいところ・悪いところ

鶏肉に多くふくまれるのは、

  • ビタミンB6
  • ナイアシン
  • その他ミネラル


といった感じで、栄養面では赤身肉のほうが上。また、一般的な鶏肉は、悪質な環境で育っているケースが多くて、ホルモン剤などが使われている場合もあるのが難点。オメガ6とオメガ3のバランスは18:1で、赤身肉よりもかなり悪くなっております。


一方で、老化の原因になるAGEの量は赤身肉にくらべて少ないのと、疲れが取れる成分として有名なイミダペプチドが入ってるのもいいところ。もっとも鶏肉に関しては、価格が安いってのが一番のメリットかも(笑)。

豚肉のいいところ・悪いところ

豚肉に多くふくまれるのは、

  • ビタミンB6
  • ナイアシン
  • チアミン
  • その他ミネラル


など。栄養価としては赤身肉より下で、鶏肉よりちょっと上。オメガ6とオメガ3のバランスは10:1で、これまた赤身肉より下で、鶏肉よりは上。AGEの量に関しても、赤身肉よりはマシだけど、鶏肉よりは多め。

まとめ

というわけで、肉ごとの特徴をまとめてみました。生育環境によって栄養価は大きく変わるものの、基本的なスペックでいえば、栄養面も脂肪のバランスも赤身肉の圧勝。 次が豚肉で、3番手が鶏肉といった感じです。つまりは、放牧で育った牛肉が最強


とはいえ、そんな高価な牛肉ばかり食うわけにもいきませんので、

  • ファストフードは絶対に食べない
  • 植物油(コーンオイル、ベジタブルオイル、キャノーラ油、サフラン油、大豆油など)を完全にカット
  • ナッツはひかえめに食べる
  • 青魚を積極的に食べる


という4点を守って、できるだけオメガ3のバランスを保ったうえで、予算に応じて豚と鳥を取り入れていくのがよいかと存じます。

credit: Nemo via FindCC


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。