Loading...

サプリが「食事」に勝てることってあるの?

Supplement

  サプリは食事に勝てるのか?

サプリについてのご質問をいただきました。

 

パレオさんの本を読みました!(中略)栄養はサプリメントではなく食事からとるのが理想と書いてありましたけど、すべてそうなんでしょうか?最後にはサプリを使わなくなるのがいいんでしょうか?

 

とのこと。要するに「食事はつねにサプリに勝るのか?」って疑問ですね。

 

 

確かに「パレオダイエットの教科書」では「サプリも有用だけど、必要な栄養は食事から摂るのが基本」と強調しております。というのも、サプリはつねに過剰摂取のリスクをともなうんで、そのへんを細かく気にしていくのはストレスだよなーと思ってまして。

 

 

なかでもサプリの危険性が指摘されているのは、

 

  • ビタミンA:同上
  • ビタミンE:同上

 

といったところ。このへんはサプリを避けて、食品から摂るのを目指すほうが無難でしょうね。

 

 



サプリのほうがいいケース

いっぽうで、サプリのほうが役に立つ場合もいくつかありまして、

 

  • ビタミンK1:ビタミンDとペアで効果を発揮する成分。植物の細胞膜にしっかりくっついてるんで、食品から摂ろうとするとわりと大変。その点で、サプリのほうが上(1)。
  • 葉酸:サプリのほうが食品よりも吸収率が70%ぐらい高いことがわかっている。
  • ビタミンB12:年をとると体のビタミンB12吸収率が下がってしまうので、50才以上になったらサプリを摂るのもあり。同様にベジタリアンも不足しがちなんで、サプリが必要なケースが多い。
  • 鉄分:肉から摂ろうとすると半分しか吸収されない。しかし、ビタミンCと組み合わせたサプリだと吸収率が上がる(ただしホウレン草とかで摂れば、わざわざサプリを使う必要はない)

 

 みたいな感じ。基本的には食品のほうが上なのは間違いないんで、サプリについては、

 

  • ウコン
  • 葉酸(妊婦さんの場合)
  • ビタミンB12(高齢者またはベジタリアン)

 

 などを気にしておくといいかも。あとは自分の目的と生活に応じて必要なものを選ぶしかないでしょうねぇ。

 

 

 まとめ

そんなわけで、いくつかの例外はありつつも、やっぱり栄養は食事から摂るのが基本。当ブログでよくサプリを紹介しているのは、あくまで私の好奇心がベースになっておりますので。「毎日を健康に過ごしたい」ってぐらいが目標であれば、別にサプリにこだわんないほうが簡単でいいはず。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. スピルリナ、ビタミンD、レスベラトロール、食物繊維、クレアチン、メラトニンなど、Suzukiさんが紹介していたサプリで日常に大きく影響が出るほど効果があったものも多数あります。本当に助かっています。確かにサプリは自然な栄養補給の摂取法では無いかもしれませんが、個人的にはこれからもどんどんいろんなサプリを紹介してほしいなと思っています。

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS