Loading...

「朝渋」用特設サイト「ヤバい集中力編」



というわけで、「朝渋」にご参加いただいたみなさま、誠にありがとうございました。


以下は「バラットの衝動性スケール」というテストを日本語に訳したものです。衝動性を診断するテストはたくさんあるんですが、こちらは日本でも妥当性の検証が進んでいまして、現時点ではもっとも信頼性が高い内容かと思います。


この衝動性スケールは全26問で構成されていて、以下の6つの基準で採点を行なってください。

  • 全くあてはまらない=1点
  • ほぼあてはまらない=2点
  • ややあてはまらない=3点
  • ややあてはまる=4点
  • ほぼあてはまる=5点
  • 完全にあてはまる=6点

バラットの衝動性スケール

  1. 私は、仕事の計画を入念に立てる ★
  2. 私は、何も考えずに物事を進める
  3. 私は、何も考えずに物事を進めてしまう
  4. 私は、楽天的である
  5. 私は、『細部まで気を配る』ことがない
  6. いろいろな考えが、私の頭の中を『駆け巡っている』
  7. 私は、前もって、十分に練った旅行計画を立てる ★
  8. 私は、自制心がある
  9. 私にとって、集中することは容易である ★
  10. 私は、定期的にお金を貯めている ★
  11. 私は、なにか演じているときや講義などみなの前で話をするとき、『その場から逃げたくなる』ほど落ち着かない
  12. 私は、じっくりと考える ★
  13. 私は、雇用の安定のために万全を尽くす ★
  14. 私は、考えなしにものを言う
  15. 私は、複雑な問題について考えるのが好きだ ★
  16. 私は、まったく『衝動的』に行動する
  17. 私は、問題の解決策を考えているとすぐに飽きる
  18. 私は、突然の衝動にかられて行動する
  19. 私は、常に考え方が安定している ★
  20. 私は、衝動的に買い物をする
  21. 私は、よく趣味を変える
  22. 私は、稼いだ以上にお金を使う
  23. 私は、思考するとき、しばしば、本質とは無関係なことを考えている
  24. 私は、将来よりも現在に興味がある
  25. 私は、劇場や映画館で何かを鑑賞しているとき、あるいは、講義を受けているとき、じっとしていられない
  26. 私は、未来志向である ★

すべてに点数をつけたら、★マークがついたものだけ点数を逆転(6点→1点、5点→2点、4点→3点、3点→4点、2点→5点、1点→6点)。その後、以下のようにブロックごとに平均点を出してください。大まかな目安としては、各ブロックごとに平均が3点を超えた場合は、「誠実性に問題があるかも?」と考えられます。


ブロック1 衝動性

4、16、2、3、18、14、23、5番目の質問は、衝動性に関するものです。このブロックの点数が高い人は欲望が大きいタイプなので、瞑想や「ヤバい集中力」におけるデタッチド・マインドフルネスのような、衝動をやり過ごすトレーニングを中心に行うといいでしょう。


ブロック2 計画性

7、1、13、19番目の質問は、計画性に関するものです。このブロックの点数が高い人は事前に計画を立てて動くのが不得意なので、if-thenプランニングや「ヤバい集中力」における質問型アクションを中心に、日々の行動に綿密なプランを立てるようにするといいでしょう。


ブロック3 セルフコントロール

20、22、10、8、21、25番目の質問は、セルフコントロール力に関するものです。このブロックの点数が高い人は自己を制御するのが苦手なので、「どんなセルフコントロール訓練が効くのか?のメタ分析」を参考にしてください。


ブロック4 熟慮する力

9、12、15、17番目の質問は、熟慮する力に関するものです。このブロックの点数が高い人は、行動する前に深く考てから動くのが苦手なので、「賢者になる方法」が参考になるでしょう。



ブロック5 現在志向

24、26番目の質問は、現在志向に関するものです。このブロックの点数が高い人は、長期的なメリットを視野に入れて動くのが苦手なので、「最高の体調」における「価値観」の章が参考になるでしょう。



ブロック6 落ち着きのなさ

 6、11番目の質問は、落ち着きのなさに関するものです。このブロックの点数が高い人は、注意力の持続時間が短い傾向があります。「たった2回のトレーニングで不安が激減する「注意訓練」実践ガイド」などをご参照ください。
ホーム static_page