Loading...

魚を焼くならオリーブオイル最強。ひまわり油は有害物質ができちゃうらしいぞ

Fish

 

魚を焼くならオリーブオイルが最強!」って論文(1)がいい感じだったのでご紹介。

 

 

これはバスク大学の実験で、料理の熱で油がどう変化するかを調べたもの。具体的には、

 

  • エクストラヴァージンオリーブオイル
  • サンフラワー油
 
の2種類を170℃に加熱したうえでタイとスズキをフライパンとレンジ焼き、それを核磁気共鳴装置でチェック。全体の脂質プロファイルがどうなったかを調べたんですね。

 



 

そこで何がわかったかと言いますと、

 

  • オリーブオイルで焼いた魚は、脂質の酸化ダメージが非常に少なくてすむ
  • サンフラワー油で焼いた魚は酸化が激しく、アルデヒドのような有害物質が生成された

 

みたいな感じ。もともと高温調理がよくないって話は何度か書いてますが、特にサンフラワーのようなサラダ油は酸化に弱く、魚を焼くと有害物質までできちゃうんだ、と。

 

 

ちょっと前にも「オリーブオイルで野菜を炒めると健康効果がアップする」なんて話がありましたし、やっぱりオリーブオイルは料理油としてかなり優秀な感じ。まぁパレオダイエットをやってる方なら、オリーブオイルかココナッツオイルがメインでしょうから、ぜひそのまま続けていただければと。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。