Loading...

「卵置き換えダイエット」の効果が凄い件。カロリー制限なしで体脂肪が11%減

Egg
朝のパンを卵に変える
当ブログでは、定期的に卵のすばらしさを紹介しております。たとえば、


といったところ。体に悪いと言われたのは昔の話で、いまやスーパーフードに近い扱いになっております。


ってところで、新しく「朝のパンを卵に変えてごらんなさい!超痩せるから!」って論文(1)が出まして、これがかなりおもしろいんですよ。



朝食を3個の卵メインにする
これはアラバマ大学の実験で、26人の男女を対象にしたもの。年齢は60〜75才でBMIが30〜40の肥満体な人だけを選んだそうな。


で、実験では全員を2つのグループにわけたんですね。

  • 朝食を卵メインに:朝のシリアルやパンの代わりに3個の卵を食べる。三大栄養素のバランスは、糖質25%、タンパク質25%、脂肪55%
  • いつもどおりの朝食:パンとシリアルがメインの一般的な西洋食。三大栄養素のバランスは、糖質55%、タンパク質20%、脂肪25%

変えたのは朝食だけで、残りの食事は好きに食べてOK。カロリー制限はとくに行っておりません。


卵に置き換えただけで内臓脂肪が激しく減少
そして8週間後にみんなの体型をDXA法(X線を使う精度が高い方法)で計ったところ、こんな結果になりました。
スクリーンショット 2017 05 20 10 01 42
いやー、すごいですね。卵グループは総脂肪量が5倍も減り、内臓脂肪は23%も少なくなっております。とくにカロリー制限をせず、朝の炭水化物を卵にしただけですからねぇ。このデータをもとに、誰かが「卵置き換えダイエット」みたいな本を書いてもおかしくないレベル(笑)


また、卵グループはほかにもいい結果が出ていて。

  • HOMA-IRが改善(=糖を代謝する機能がよくなった)
  • 中性脂肪が減り、HDLコレステロールが増加

だったとか。いっぽうで筋肉力と安静時の代謝には変化がなかったようで、このへんは従来のデータとも符号するところですね。


卵のタンパク質とコリンのおかげ?
ただ、なんでここまでの差が出たかはよくわかりません。卵グループはプロテインが増えたおかげで食欲が減ったのかとも思いましたけど、朝食でタンパク質を5%上乗せしただけで、ここまでの違いが出るかなーといった気も。この実験では食事記録を取ってないので、そのへんがよくわかんないんですよね。


もうひとつの仮設としては、卵にはコリンが多いってのもあるのかも。コリンはビタミンBの一種で、脳や心臓まわりの健康に欠かせない成分。わりと現代人に不足しがちな栄養素でして、これが足りないと一気に太りやすくなっちゃうことがわかってるんですよ。


もちろん、今回の実験はかなり肥満ぎみな人が対象なんで、体脂肪率が10%台の方には同じ効果は期待できませんのでご注意ください。とはいえ、卵の安全性と効果はかなり実証されてきましたんで、1日の食事を白米やパンのかわりに3個の卵からスタートしてみるのはかなり有効じゃないかと思う次第です。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。