Loading...

今週の小ネタ:車でモテるか?、もの忘れ、無知の知など

Summary

 

ひとつのエントリにするほどでもないけど、なんとなく興味深い論文を紹介するコーナーです。

 

 

豪華な車を買うと本当にモテるのか?問題

これはミシガン大学の研究(1)で、実験デザインはこんな感じ。

 

  1. 男女の参加者に「豪華な車を買った男」と「質素な車を買った男」に関する短いストーリーを読んでもらう
  2. そのあとで、ストーリーの男にどんな印象を持ったかを調べる

 

で、どんな結果だったかと言いますと、まずは「豪華な車」を買うデメリットから。

 

  • 豪華な車を買った男は……
    • 「女にモテるために頑張ってそう」と思われた
    • 「子育てとかする気もなさそう」とも思われた
    • 「とりあえずヤリたいんだろうな」とまで思われた
    • 長期的なパートナーを求める相手からは嫌われた

 

って感じで、とにかくチャラいイメージで見られたらしい。しかし、一方ではメリットもありまして、

 

 

  • 豪華な車を買った男は、「一夜の相手ならアリ」と思われた

 

って傾向も出てたりします。長期の関係と短期の関係で心理が変わるという、おなじみの現象がここでも確認されてますねー。

 

 

「最近もの忘れが激しくて…」はそこまで悪いことじゃない問題

 

誰でも歳をとれば記憶力が低下するもんですが、「最近もの忘れが激しくて…」と思えてるうちは大丈夫だよ!って論文(2)が出ておりました。

 

 

これはマクギル大学の実験で、記憶力の低下に悩む450人を調べたもの。それぞれが自分の記憶力についてどう思うかを尋ねた上で、その結果を「家族や友人の証言」と比較し、さらに脳のアミロイド(アルツハイマーの原因になるやつね)を調べたんだそうな。

 

 

それで何がわかったかと言いますと、

 

  • 「最近もの忘れが激しくて…」と思ってる人ほど、実は脳機能は高い!

 

ってことです。というのも、脳の劣化が進むと「自分はもの忘れが激しくなった」って事実にすら気づけなくなっちゃうんですな。

 

 

実際、2年後に行われた再検査でも、自分の記憶力の低下に気づかなかった参加者は、そうでない参加者にくらべて3倍も痴呆症にかかってたとか。自己認識があるうちはまだまだ安心ってことでしょうな。

 

 

無知の知の話

最後はメリーランド大学の実験(3)で、まずは結論から言っちゃうと、

 

  • 「自分は政治の知識がある」と思ってる人ほど、実は政治の知識が少ない!

 

って感じ。研究者いわく、

 

これはダニングクルーガー効果によるものだ。その人が特定の知識を持っていなかった場合、不思議なことに、その人は逆に自分は知識があると思い込んでしまう。

 

逆に、知識がある人ほど、自分を知識不足だと思う傾向がある。

 

というわけで、心理学の世界ではおなじみのダニングクルーガー効果について調べてくれております。

 

 

具体的には2606人のアメリカ人にオンライン調査を行いまして、まずは簡単なクイズで全員の政治的な知識をチェック。その結果を参加者の自己評価と比べたところ、「俺は成績がいいはずだ!」と思ってた人ほど、実際はクイズの結果がボロボロだったらしい。

 

多くのアメリカ人は、自分の政治的な知識を過大評価しがちだ。自信が高ければそれ以上はくわしく調べようとしないため、いよいよ「自分にどれだけ知識がないか」がわからなくなっていく。いわゆる「無知のダブルバインド」と呼ばれる現象だ。

 

ってことで、自信がある人ほど問題を深掘りしようとはしなくなるんで、どんどん知識が劣化していくんだ、と。これはよくある話ですなぁ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「パレオダイエットの教科書」と「服用危険」って本が発売中です。