Loading...

今週の小ネタ:みんな自分を頭がいいと思ってる問題、ナルシストな国、信頼できる人の特徴

Summary

 

ひとつのエントリにするほどでもないけど、なんとなく興味深い論文を紹介するコーナーです。

 

 

みんな「俺は平均より頭がいい!」と思ってる問題

 

「みんな自分のことを『俺は平均よりも優れている!』と思ってる」って話が昔からありますが、そこらへんをあらためて調べたデータ(1)が出ておりました。

 

 

これはイリノイ大学の論文で、オンラインと電話で2,821のアメリカ人を調べたもの。具体的には、「自分のことを平均よりも知性的だと思いますか?」と尋ねて、「イエス」と答えた人の数をカウントしたらしい。もちろん、サンプルの性別、年齢、教育レベルはほどよくバラけるように調整されております。

 

 

で、どんな結論だったかというと、

 

  • 全体の65%は自分を平均以上だと思っている!

 

だったそうな。男女比率でいうと、男性の70%、女性の60%は自分を平均以上だと考えてたらしい。こりゃあなかなかの割合ですな。

 

 

というか、この手のリサーチは前からあったものの、新しいデータほど「俺は平均以上!」と思ってる人の割合が増えてきたのがおもしろいところ。日本だとどうなるかは不明ですが、自分を平均より上だと思うバイアスは万国共通なんで、そんな変わらんかもですね。

 

 

ナルシストな国はどこだ選手権

ちょっと上の論文とかぶる話ですが、「ナルシストな国はどこだ選手権」みたいなデータ(2)も出てて、こちらもおもしろかったです。

 

 

これは、カールトン大学などの調査で、世界の35カ国から6185人の学生を集めて、「自分の国は世界の歴史の発展にどれぐらい貢献したと思いますか?」と尋ねたんだそうな。

 

 

でもって、各国の平均値はこんな感じになりました。

 

  1. ロシア 60.8%
  2. UK 54.6%
  3. インド 53.9%
  4. 香港 51%
  5. マレーシア 48.7%

 

ってことでロシアがダントツの一位。対してアメリカは29.6%ぐらいで、意外と真ん中ぐらいに位置しております(日本も同じぐらい)。

 

 

逆にナルシストが低いのがノルウェーで12.3%。ニュージーランドが17.7%。まぁここから教訓を引き出すのは難しいですが、研究者は「集合的な記憶が多い国ほどナルシシズムが高い」と考えてるそうな。つまり、スターリングラード攻防戦とかパールハーバーとか、世に名高い歴史的なイベントが多いほど、自国を重要に思うバイアスが強くなるってことですな。

 

 

信頼できる人を探すにはどこを見ればいいのか?

で、最後はシカゴ大学の論文(3)で、「信頼できる人ってどんな人?」って問題について調べてくれております。この論文は6つの実験で構成されていて、

 

  1. 参加者に経済的なゲームをしてもらう(ズルをするとお金が儲かるように設定されたゲーム)
  2. そこで参加者がどんな行動を取ったかを記録する
  3. 参加者の性格と行動を比べてみる

 

みたいな感じになってます。この手順をくりかえせば、どんな人ほどズルをしないかがわかるわけですな。

 

 

さて、その結論がどうだったかと言いますと、

 

  • 罪悪感が信頼感の指標になる!

 

だったそうな。とにかくゲーム中に罪悪感を覚えやす買った人ほど責任感も強く、周囲から信頼されやすい傾向があったらしい。

 

 

研究者いわく、

 

もしあなたが信頼に足る人物を雇いたかったら、その人物があやまちに対して罪悪感を覚えるかどうかをチェックした方がいいだろう。

 

ってことなんで、ぜひご参考までに。まぁ罪悪感が信頼のサインだってのは、なんとなくわかる気がしますな。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item