Loading...

人工知能搭載の習慣化アプリ「Timeful」が非常に使えそうな気がしている

Th Timeful icon

 

行動経済学的に正しい食べ過ぎを防ぐ方法」や「締め切りを設定しても先延ばしは克服できない」など、当ブログでも何度もご紹介してきた、有名な行動経済学者であるダン・アリエリー博士が習慣化アプリをリリースしたと聞いて、さっそく試してみました。

 アプリ名はTimefulで、パっと見はよくあるカレンダーアプリみたい。しかし、このアプリには人工知能が搭載されてまして、登録したToDoを学習して、ベストな時間帯に自動で割り当ててくれるんですね。 

 

 

たとえば「エクササイズをする」ってToDoを作った場合、まずはアプリが「18時にやったらどう?」と提案してくれるわけです。で、自分が実際にエクササイズを行った時間が20時だった場合は、アプリがその行動を記憶。何度か同じようなデータを貯めていくうちに、やがて「このユーザーは食後のほうがエクササイズをやる気がわくんだな」とアプリが判断して、適切な時間帯を選んでくれるようになるという感じ。

 

 

個人的には、時間を上手く使うには、タイムマネジメントに気を配るよりもエネルギーがMAXのときに仕事をこなすほうが大事だと思ってまして、これまでも自分のエネルギー変動を計ってToDoリストに落としこんだりしてきました。「Timeful」は、それを自動的にやってくれるんですよね。うーん、素晴らしい。

 

 

アプリは英語ですが、使い方はそんなに難しくありません。まずはアプリを起動して、画面を上にスワイプ。

 

Th 2014 08 22 11 12 54

 

続いて、自分のメアドを入力して アカウントを作成。

 

Th 2014 08 22 11 13 40

 

自動でiPhoneのカレンダーを読み込んで、スケジュールに登録してくれます。

 

Th 2014 08 22 11 13 57

 

設定が終わると、まずはアプリがオススメの「習慣」を提案してくれます。ここから適当なものを選ぶと…

 

Th 2014 08 22 11 14 10

 

習慣化したいToDoが、スケジュールのすき間に自動で登録されました。ToDoは長押しで自由に移動可能。

 

Th 2014 08 22 11 15 24

 

 それぞれのToDoをタップすると、「Frequency」(週に何回やるか)や「Duration」(時間)などを再設定できます。

 

Th 2014 08 22 11 16 02

 

 新規のToDoは、下の「+」ボタンから作成可能。日本語も問題なく使えました。

 

Th 2014 08 22 21 00 46

 

「Someday before」で、作成したToDoの期限を決めることが可能。期限を設定すると、あとはすき間時間にアプリが自動でスケジュールを組み込んでくれます。うーん、便利。

 

Th 2014 08 22 21 00 58

 

そんなわけで、かなーり新しいタイプのスケジュールアプリ「Timeful」でした。使い始めて2週間ぐらいなんで、「調子に合わせてベストな作業を自動で選んでくれた!」といった感じはまだ得られていませんが、今後の使い込みでどう変化していくかが楽しみ。

 

いまのところは、習慣化したいことを自動で割り当ててくれる機能が非常に便利で、スケジュール管理よりは、かなり使える習慣化アプリとして愛用しております。わりとオススメ。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。