このブログを検索

【質問】男性はどのくらいの頻度で射精すべきか?

 



こんなご質問をいただきました。

 

射精って毎日してもいいものなんでしょうか? 毎日射精した方が健康によかったりするんでしょうか? パレオさんがオ〇禁を推奨していないのは知ってますが、ネットで調べたら「男性は月に21回以上射精するべき」みたいなことを言う人もいて気になりました。

 

ってことで、果たして月の射精に適切な回数はあるのか?というご質問です。確かに、過去には「オ◯ニーで得られるすごいメリット」や「オ◯禁は健康に良い?」みたいな話を書いてきましたが、回数の問題は取り上げてなかったですね。

 

で、この問題について、まず大きな結論から言っておくと、

 

  • 誰も明確な答えをわかってないから、何回でもいいのでは?

 

みたいになります。適切な射精の回数を示したデータもなくはないんですけど、いまとのころ明確に言えるだけの素材がないもんで。

 

が、それだけで終わると面白くないので、他にもいくつかポイントを書いておくと、以下のようになります。

 

  • 「男性は月に21回以上射精するべき」って考え方は、ハーバード大学医学部の研究が元ネタだと思われる(R)。これによると、月に21回以上射精している男性は、月に4~7回しか射精していない男性に比べて、前立腺がんの発症リスクが31%も低かった。といっても、このデータは、みんなの自己申告をもとにした調査なので、実態からは数字がブレている可能性はそこそこある。

 

  • 頻繁な射精が前立腺がんのリスクを下げるのは、オ〇ニーのおかげで、前立腺から炎症を引き起こす毒素や刺激物が取り除かれるからだと主張されるケースがある。とはいえ、この説には異論も少なくない。たとえば、2004年にジョンズホプキンス大学などが発表した研究(R)だと、頻繁な射精と前立腺がんリスク低下との関連性は認められていない。

 

  • なんとなれば、ケンブリッジ大学などが2008年に発表した研究(R)では、射精の回数が多い若い男性は、 20代および30代における前立腺がんのリスクは逆に高かった(とはいえ、射精の頻度が高いと、年をとってからの前立腺がんリスクが下がる可能性はある)。

 

  • 四川大学が2018年に発表した研究(R)だと、「週に2~4回程度の射精で、もっとも前立腺がんのリスクが下がる」と報告。それ以上の頻度だと、リスクは低下しなかった。

 

という感じで、いまんとこ「おそらく射精はがんリスクを下げそうだけど、何回が適切かはよくわからんし、年齢によっても変わってくるだろうからヘタなことは言えない」って感じなんですよねー。

 

まぁいまのところハッキリ言えるのは「毎日の射精が身体に悪い」ことを示したデータは存在しないってところでして、別に1日に何回もしようが身体的な副作用がないのは、ほぼ間違いないはずであります。

 

慢性的な自慰行為やポルノ中毒に関連していない限り、実際に精神的な幸福に有益なこともある。

 

ちなみに、以前にも書いたことですけど、射精のメリットは前立腺がんリスクの低下だけにとどまらず、

 

  • 一時的な気分の高揚
  • ストレスの解消
  • 血圧の低下
  • 睡眠の改善

 

といったあたりもありますんで、あなたがこれらの効果を感じられているなら、1日に何回やってもいいんじゃないでしょうか。

 

いまのところ、適切な射精の回数は人によるとしか言いようがなく、人によっては1日3回がベストかもしれないし、人によっては年に1回でも十分なのかもしれないし、そこらへんは自分のメンタルをじっくり観察して決めていただければ。

 

まー、数少ない懸念としては、「エロ動画の見過ぎによって、メンタルが悪化するかも? エロ動画への依存みたいな症状はあるかも?」ってのはありますんで、そこだけはご注意ください。これについては、射精の回数が問題って話ではなくて、人生の苦痛から逃げるために射精の快楽を使っていると、なんらかの問題が起きるかもよーって話です。どうぞよしなにー。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

search