Loading...

パソコン用メガネを失くしたので「f.lux」をロウソク設定にしてみたら意外なほど快適だった


夜中までパソコンのブルーライトを浴び続けるとガンのリスクが高まるのは有名な話。わたしも普段はJINS PCを着用のうえで、モニタの色温度調整ソフト「f.lux」を組み合わせてブロックしてたんですが、JINS PCを失くしてしまいましてね。たぶん、こないだ酔って仕事したときに、どこかに投げ捨てて寝ちゃったんだろうなぁ…。


かといって新しいメガネを買うのもシャクなんで、迷ったあげく「f.lux」の設定をロウソクのレベルまで下げて対応することに。


ちなみに、これまでは4100Kの設定で使ってまして、それでも「画面がオレンジっぽくなっちゃうなー」とか思って、なかなかそれ以下のレベルには手を出しづらかったんですよね。


が、パソコン用メガネがない今となってはゼイタクも言ってられません。一気に設定をロウソクレベルの2300Kに。


で、感想としては超快適。画面がオレンジすぎて見てらんないよ!とか思ったのは最初の10分ぐらいで、その後は不思議なもんで目のほうが勝手に慣れること慣れること。逆に今までの4100Kが目に痛く感じるようになりました。人間の順応性ってすごい。


というか、これだったらパソコン用メガネなんか最初から買わんでも良かったんちゃうかと。オレンジ画面にビビって4100Kにしていた自分がアホみたい。


いまやブルーライトの健康被害は間違いないところなんで、その脅威におびえるぐらいならチャチャッと「f.lux」の2000Kレベルをオススメします。

f.lux: software to make your life better







スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item