Loading...

「わたしはどこまで孤独なのだろう‥‥」を5秒で判定する日本語版「孤独レベルテスト」の話

 

孤独は現代における最大の問題だ!みたいな話もよく聞く昨今。孤独が早死にを起こす現象は広く知られてきましたし、いったん孤独になった人はどんどん孤独になるし、特に感情的な孤独のダメージがデカいしで、なにかと大変なんですよね。

 

 

そこで大事になるのが、「自分はどこまで孤独をこじらせているのか?」ってポイントです。自分の孤独レベルを判断できないと、対策も立てようがないですからね。

 

 

といったところで、名古屋大学の五十嵐祐先生が、良いテストを開発してくれておりました(R)。これは「The Three-Item Loneliness Scale」という有名なテストを日本語版にしたもので、なんとたった3問で自分の孤独レベルを判断できてしまう優れものであります。

 

それでは以下の3問に、3点満点でチェックしてみてください

 

  • 1= ほとんどない
  • 2= たまにある
  • 3= よくある

 

▼日本語版「孤独レベルテスト」

  1. あなたは、自分に仲間付き合いがないと感じることがありますか

  2. あなたは、疎外されていると感じることがありますか

  3. あなたは、他の人から孤立していると感じることがありますか

 

採点が終わったら、あとはすべてを合計すればOK。名古屋大学の検証では、おおよそ1500人を対象にテストの精度をチェックしてまして、いまの日本人の平均値は、

 

  • 5.72点!

 

みたいになっております。とりあえず、この数値から大きく外れていた場合は、一般的な日本人よりも孤独を拗らせているかも?と判断できそうっすね。

 

 

ちなみに、孤独レベルが高い人はどうすればいいのか?ってのが気になるとこですけど、現時点では「「孤独感」から抜け出すためにコミュニケーションスキルを磨いてもムダ」みたいな考え方が優勢でして、一般的には「認知行動療法」がオススメされるケースが多めっすね。心当たりのある方はぜひー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item