Loading...

スタンディングデスクを使って半月が過ぎたわけだが


手製のスタンディングデスクを導入して半月が経ったので雑感など。



自作のスタンディングデスクでも問題なし

最初は「やっぱ専用の立ち机が欲しいなー」とか思ってましたが、作業デスクに園芸用の台を置いただけの手製スタンディングデスクでもまったく仕事に支障なし


わたしが使っているのは5,000円ちょいの踏み台ですけど、幅が60センチで高さが25センチぐらいの台ならOKなので、探せばもっと安く仕上げられると思う。見た目にこだわらないなら段ボールでもよろしいかと。


あと、最初は「立ちっぱなしで仕事なんて、どんだけ疲れるんだろう…」とビビってたものの、いざやってみると意外なほどラク。一日が終わると心地よい疲労感が足にちょっと残るぐらい。これなら続けられますわ。


集中力と睡眠力のアップは短期間でも実感できる

で、気になる効果。生産性が倍に!持病が完治!人生が変わった!とか言ってみたいんですが、さすがに半月ほどなんでそこまでは。

ただ、

  1. 集中力が上がる
  2. 睡眠の質が上がる

という2点だけは、この短期間でも間違いなく実感。以前はちょっと作業したらベッドに横になって休んだりしてたのに、スタンディングデスクだとまったく眠くならないので、ぶっ通しの作業が可能になりました。これは超ありがたい。


でもって、昔は部屋にこもって作業を続けてると頭は疲れてるくせに体はギンギンな状態になることが多かったのが、スタンディングデスクだと一日の終わりにちゃんと体も疲れてくれるんで、これがもう寝つきが良くなること。これは思わぬご利益でありました。


次はスタンディングデスクの下にルームランナーを置きたい

そんなわけで短期間でもスタンディングデスクの効果は実感できているわけですが、さらに効果をアップすべくいま狙っているアイテムがこれ。

Treadmill Desk & Standing Desks: Workout at Work with a TreadDesk




机の下に置ける薄型のルームランナーであります。国内で売ってるやつだとデカすぎて作業用には向かないんですよねー。


ちなみに、かのアンチエイジングマスター・坪田一男氏も、自宅ではルームランナーを使いながら原稿を書いているそうな。やりたい!


しかし、上の薄型ルームランナーはお値段がおよそ9万円。健康への投資と考えれば安い気もするわけですが…。うーむむむむ。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item