Loading...

ガチすぎるネパール料理が楽しめるディープ居酒屋「モモ(新大久保)」

Th 0


仕事の打ち合わせがあったので、「超コアなネパール料理が食べられる」と噂の居酒屋「モモ」へ行くことに。これが、なかなかの優良店でありました。 
 
 
Th 1
 

お店は、JR新大久保駅を出て、対面の細い路地を30秒ほど進んだ先の雑居ビルの2Fにあります。
 
 
Th 2
 

かなり入りにくい感じのビルですが、怪しい店ではないので心配は無用。
 
 
Th 3
 

こちらが入り口。ディープ感がただよっておりますねぇ。
 
 
Th 4
 

店内はネパールの方だらけで、日本人はわたしだけでした。密談にもってこいですね(笑)。
 
 
Th 5
 

お食事はネパールサラダからスタート。ぶつ切りの野菜に塩とコショーをふっただけの超シンプルなサラダでした。ネパール料理は、基本的に塩とスパイスだけで味をつけまして、砂糖はほぼ使わないので非常に健康には良い感じ。油もギーがメインだそうで、パレオダイエット向きかもしれませんね。
 
 
Th 6
 

次に「チョエラ」をオーダー。ボイルしたマトンを焼いて、スパイスでマリネしたものだそうです。スパイシーで美味い!
 
 
Th 7
 

続いて、この店の十八番である「モモ」。ネパール風の蒸し餃子ですが、皮はモチモチだし中の鶏肉はしっとりジューシーだしで、確かにこれは評判通りの味。いままで食べてきたモモのなかではベストかも。
 
 
Th 8
 

こちらは「パングラ」。上の「チョエラ」とまったく同じ料理に見えますが(笑)、こちらは砂肝の炒めものになっております。というか、使っているスパイスが同じなので、味もほぼ同じですね。美味いからいいけど。
 
 
Th 9
 

さらに「チキン・サデコ」。ボイルしたチキンをスパイスでマリネした料理だそうで、他とは違って酸味の効いた風味になっておりました。ぜんぶ同じ味つけじゃなくてよかった(笑)。
 
 
Th 10
 

軟骨の唐揚げ。カリカリの軟骨に塩をしただけの超シンプル料理。同行者のビールが進みまくっておりました。
 
 
Th 11
 

最後にカレーを2種類たのみました。こちらはベジタブルカレーですが、とてもサラサラしていて、ほとんどスープカレーですね。家庭料理感があって気に入りました。
 
 
Th 12
 

ラストはマトンカレー。こちらもスープカレーっぽいですが、マトンがコリコリと歯ごたえがあっていい感じ。ネパールカレーって美味いんだなぁ。知らなかった。
 
 
そんなわけで、異国情緒がハンパないネパール料理店「モモ」でした。2人でさんざん飲み食いして8千円もいかなかったので、コスパもよろしいのではないでしょうか。忘れたころに食べたくなりそう味なので、しばらくしたら再訪するかも。
 

 
 
東京都新宿区百人町2-10-9 新大久保イニシャルハウス 2F
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。