Loading...

リンゴとグリーントマトでアラフォーの筋肉の衰えが防げるらしいぞ

Green tomato

 

アラフォーともなれば、日ごとに筋肉は衰えていくもの。一般的には30才を過ぎたあたりから筋肉は減り始め、10年ごとに3〜5%ずつの筋肉が失われていくくと考えられております(1)。

 

 

ところが近ごろ出た研究(2)によれば、リンゴとグリーントマトで筋肉の低下を防げるんだとか。これはアイオワ大学の実験で、年を取ったマウスを使って、

 

  • ウルソル酸:リンゴの皮にふくまれる
  • トマチジン:グリーントマトの皮にふくまれる

 

といった2つの成分を2カ月にわたって食べさせたんですね。その後で全体の体を調べたところ、2つの成分を食べたマウスたちは、

 

  • 筋肉量が10%アップ
  • 筋力が30%アップ

 

といった違いが現れたらしい。なかなかの成果ですねぇ。



 

こういった現象が起きるのは、ウルソル酸とトマチジンがATF4ってタンパク質のスイッチをオフにしてくれるから。ATF4は筋肉を劣化させる遺伝子に関わってまして、こいつがオフになると筋肉の老化も遅くなっていくんですな。

 

 

研究者いわく、

 

年を取れば誰でも実感するように、年齢とともに筋力は下がり筋肉量も衰えていく。この問題は、人生の質に大きな影響をあたえる。筋肉の減少により体を動かす能力が下がり、そのせいでさらに筋肉も減っていく。

しかし今回の実験の結果によれば、ウルソル酸とトマチジンには、加齢にともなう筋肉の弱化と衰えをふせぐ可能性がある。また、ウルソル酸とトマチジンは、筋肉が衰える原因を解くためのツールにもなり得るかもしれない。

 

とのこと。確かに昔からウルソル酸はスポーツ系サプリとして売られてきたんですが、遺伝子の発現に関わってたとは知らなんだ。ほかにも、ホーリーバジルの成分としても有名ですね。

 

 

もちろん、これはまだマウス実験の段階なんですけども、ホーリーバジルはストレスと疲労への効果も高いハーブなんで、あらためて気になってまいりました。試してみるべか。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。