Loading...

男女の身体で特に触っちゃいけないエリアを示した「おさわりマップ」が面白い

Map

 

スキンシップは最高のストレス解消法!」というのが現代の脳科学の結論なわけですが、無差別にベタベタしてたらただの変態なんで線の引き方がとても大事。といったところでちょっと面白いのが、オックスフォード大が作った「おさわりマップ」であります(1)。

 

 

これは「友達の数は何人?」って本で有名なロビン・ダンバー博士の研究で、5つの国から男女1,300名分にアンケートを行ったもの。全員に対して「どんな人にどこを触られたら嫌ですか?」といった質問をして、その回答をヒートマップにしたんですね。



 

 

で、完成したヒートマップがこちら。色が白いエリアは「おさわりOK」で、赤いエリアは「おさわり注意」、黒いエリアは「おさわり禁止」になっております。わかりやすいですねぇ。

 

Touchmap

 

ポイントをざっくりまとめますと、

 

  • 親密さが増すほど「おさわりOK」エリアは広がっていく
  • 家族より友人のほうが気を許しやすい
  • いったん深い友人関係になれば、時間が過ぎても「おさわりOK」エリアは狭くならない
  • 男女を問わず、男に触られるのは嫌い(笑)

 

といったところ。やはり男性にとって、他人に触れる行為はハードルが高いようですね。だから「手相を見るフリをしろ!」みたいなナンパ術が流行るのか。

 

 

ダンバー博士いわく、

 

もっとも大事なのは関係性だ。毎日のように見かける知り合いよりも、しばらく会っていない友人のほうがタッチエリアは広くなる。

 

「触れ合い」は全人類に共通の現象だ。文化によって体験の解釈は変わってくるが、一般的な反応のしかたはみな変わらない。

 

とのこと。今回の調査はヨーロッパのみですが、おそらくはアジア人も同じと考えていいっぽいですね。そんなわけで、おさわりは使用上の注意を守って正しくお使いください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。