Loading...

「モテる人」の会話に共通するたったひとつのポイント

Motetalk

 

モテる人の会話は何が違うのか?

モテる人とモテない人の会話の違いを調べて見たよ!」って研究(1)がおもしろかったんでメモ、

 

 

これはハーバード大の調査で、まずは過去の「お見合いパーティ」のデータから110人分の会話記録を選んで、「モテる人はどんな会話をしているの?」ってとこを調べたんですよ。で、まずわかったのが、

 

  • 2度めのデートに進む人は質問の量が多い

 

ってことだったんですな。自分の話をするのではなく、他人にいろいろと尋ねる人のほうが格段にモテたらしい。



 

15分で9回以上は質問せよ

そこで研究チームは、続いて約300人の男女をオンラインチャットに誘導。初対面の相手と15分の会話を続けてもらったうえで、誰がモテるか?を調べたんですね。

 

 

その結果は、

 

  • 質問が多い人(15分で9回以上)は、質問が少ない人(15分で4回以下)にくらべて、格段に好かれやすい!

 

って感じで、やっぱ質問をするほどモテやすい傾向があるんだ、と。

 

 

フォローアップクエスチョンを心がけよ

といっても、尋問のように質問をたたみかけるとウザがられますんで、

 

質問するほど好感度が上がるのは間違いない。とくに効果的なのは、フォローアップクエスチョンだ。

 

とのこと。フォローアップクエスチョンってのは、事前に向こうが行った情報をベースに質問をすることです。たとえば、

 

「昨日なにしてたの」

「映画を見に行ったよ」

「へー、何見たの?」

 

みたいな会話だったら、「何見たの?」の部分がフォローアップクエスチョン。仲が良い人との会話ではみんな普通にやってることですが、初対面だと意外にできないもんなんですよね。

 

 

なぜフォローアップが効くのか

フォローアップクエスチョンが良い理由はいろいろありまして、

 

自分は相手の話を聞いているというサインを送れるのはもちろん、向こうに興味を持っているという事実も表明できる。さらに、相手を気にかけており、ちゃんと存在を認めており、理解しているとのシグナルにもなる。

 

とのこと。要は「私はあなたを認めてますよ!」って事実を伝えられればいいわけっすね。

 

 

そんなわけで、私のような人見知りが会話に困ったときは、「フォローアップクエスチョン!」と思い出してみるとよさげです。心がけとこう。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。