Loading...

定番スパイス「サフラン」が糖尿病の血糖値をガツンと下げてくれるかもだ!みたいな実験の話

 

そこそこ前に「サフランって凄いんですよー」みたいな話を書いたんですよ。

 

 

あのサフランライスでおなじみの平凡なスパイスには実はかなりの抗酸化作用がありまして、なんと抗うつ剤と同じレベルでメンタルの改善に効くというんですな。こりゃ凄いもんですねぇ。

 

 

で、これぐらい抗酸化パワーが高いといろんな応用が効くわけで、新しいデータ(R)では「サフランは糖尿病にも効くかもしれんぞ?」って結論になっておりました。

 

 

これは糖尿病に悩む患者さん76人を対象にした研究で、だいたいHbA1cが7-10%で、空腹時血糖値が126mg/dl以上の人を選んだそうな。なかなか深刻な数値っすね。

 

実験期間は3ヶ月で、全体を2つのグループに分けております。

 

  1. 1日30mgのサフランを飲む
  2. プラシーボカプセルを飲む

 

その上で、空腹時血糖値、HbA1c、中性脂肪、炎症マーカーなどを調べましたら、

 

  • 空腹時血糖値が有意に減少! (-25 vs. +11mg/dl)
  • 総コレステロール値も改善!(-16 vs. +12 mg/dl)
  • LDLコレステロールも改善!(-15 vs. +9 mg/dl)
  • LDL/HDL も改善! (-0.4 vs.0.0)

みたいな結果が出たんだそうな。数値をぱっと見した限りは、それなりにいい感じの結果じゃないでしょうか。過去のデータ(R)だと、空腹時血糖値が18 mg/dL改善すると心疾患リスクが23%下がるって話もあるんで、 25 mg/dLって数字が事実ならなかなかのもんであります。

 

 

ただ、この研究は多重比較法を使ってないので、今回みたいに検定の回数が多いケースでは、どこまで結果を信じていいやらってのは微妙なところです。その意味で科学的な証拠としてはかなり弱いんで、まだ初歩的なレベルのデータだとお考えください。

 

 

ちなみに、過去にはサフランについてどんなデータが出てたかと言うと、

 

  • 1日15mgのサフランで糖尿病の人の安静時血糖値が下がったよー(25 mg/dLぐらい)(R)
  • 80 mg/kgのサフランで中性脂肪とLDLコレステロールが下がって、血中の抗酸化物質の量も増えたよー(R)

 

みたいな話がチラホラありまして、「まだ断言はできないけど可能性はありそうだよなー」とは思ったりするわけです。

 

 

全体的に見てますと、サフランが体にいいのは間違いなさげなんで、サプリを試すのもアリかなぁぐらいには感じております。その場合はだいたい1回15mgを1日2回ほど飲めばいいんじゃないかと。

 

 

先行研究を見ると、およそ1日200〜400mgぐらいで血圧やヘモグロビンに悪影響が出てまして、ここまで大量に飲まないようにお気をつけください。どうぞよしなに。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item