Loading...

他人の説得にすぐ流されてしまうのはどんなタイプの人なのか?の心理学


 
説得力を高める方法!みたいな話は過去にいくつか紹介してますけど、新しいデータ(R)は「性格によって効果的な説得法て変わってくるの?」みたいな内容になっててナイスでした。


これはエッジ・ヒル大学の実験で、316人の男女を集めて、

  • ビッグファイブ(人間を5つに分けた性格分類)
  • ダークトライアド(人間の負の特性をまとめたようなタイプ)
  • タイプDパーソナリティ(ネガティブな思考と感情を持ちやすいが、それをうまく表現できないタイプ)

といった性格特性をチェック。その上で、実際にいろんな手法で全員に「定番の説得術」をいくつかぶつけて、どの手法に反応しやすいかを調べたんだそうな。


具体的に、どのような説得法を試したかと言いますと、

  1. 権威:専門家や権力者などから説得される
  2. コミットメント:いったん小さな頼みを引き受けさせて、あとで大きな頼みを持ちかける
  3. 類似:自分に似ている人の意見を受け入れたくなる心理を使う
  4. 希少性:珍しいものや貴重なものに惹かれる心理を使う
  5. 返報性:何かをあげたらお返ししたくなる心理を使う
  6. コンセンサス:集団に従いたくなる心理を使う

という6つです。このブログを読んでる方にはおなじみの「影響力の武器」に準拠した内容になっております。


でもって、全てのデータをひっくるめたところ「6つの説得法に流されやすいキャラ」の類型が浮かび上がりまして、これを3つの人格特性に分けております。

  • 怖がり:シャイで対人コミュニケーションを嫌がり、すぐ不安になってしまうタイプ。どんな説得法でも効果が高いが、特に「権威」と「コンセンサス」に弱い。
  • 悪党:自己中心的で他人をコントロールするのが好きなタイプ。基本的には「権威」を使った説得には影響されず、「返報性」にもまったく反応しないが(相手の好意にもお返しをしない)、「時間がないからすぐに決めてください!」と言われると、すべての説得法が効くようになる。
  • 社交家:外向的・誠実性・協調性の3つが高いタイプ。「コミットメント」を使った説得法に弱い。

って感じになってまして、全体的に簡単に説得されがちなのは「怖がり」タイプだったみたい。


要するに、不安になりやすくて自信がない性格だから、つい信頼できそうなものに従ってしまうよーって話でして、ヘンな宗教とかにハマりやすい人に似てますね。このタイプは、マルチ商法なんかにも引っかかったり、よくわかんない絵画を買ってしまったりする傾向もありますんで、くれぐれもお気をつけください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item