Loading...

伊豆を代表するB級スポット「怪しい少年少女博物館」に行ってきたぞ

0

ねこの博物館」に行ったついでに、近所にある「怪しい少年少女博物館」にも足を伸ばしてまいりました。珍本を多く発行しているデータハウスの社長さんがオーナーで、伊豆を代表する怪スポットとのこと。


1

場所は城ヶ崎海岸駅から歩いて15分ほど。東伊豆道路ぞいの好立地にたたずんでおります。入り口は鳥居や噴水が意味なくならんでまして、世界観がよくわかりません。入館料は1,000円でした。

2

なかには1950〜1970年代ごろに流行ったファッションに身を包んだマネキンがズラリ。よくわからんが迫力はあります。

5

さらに崩壊寸前のファミコンがプレイできるコーナーも。ソフトは「ゼビウス」と「ゲゲゲの鬼太郎」と「スーパーマリオ」の3種類だけで、なぜか「スーパーマリオ」が2本置いてありました。

7

さらに、水死体のような顔色の寅さんがいたり、

8

全身おみくじまみれの舞妓さんがいたり、

9

デタラメに日本人形を詰め込んだ棚があったり、

10

双頭の牛がいたり、

11

呪いのワラ人形を売ってたりしました。1つ300円。

14

ワラ人形売り場の隣には、その場で五寸釘を打ち込めるコーナーも。非モテ社会への恨みが炸裂しておりました。

15

また、本館から少し離れた別館には、「怪しい夜の学校」なる小型のお化け屋敷も。

16

 なかには不気味な絵画があったり、

17

光る耳なし芳一がいたりと、やっぱりカオスでありました。仕掛けはチープなんですが、音響がしっかり作られていて意外と怖かったです。


そんなわけで、「怪しい少年少女博物館」は、かなり狙いすまして作られた珍スポットでした。まともな人が頑張ってアウトサイダーアートを作ってみたような印象と言いますか。そういったノリがお好きな方なら、そこそこは楽しめるかと思います。


▼怪しい少年少女博物館
〒413-0231 静岡県伊東市富戸 静岡県伊東市富戸街道下1029−64

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。