Loading...

良い夢を見たければ右向きに眠ってみるといいかもよ

Sleep woman right

 

例によって調べものをしていたら、「寝相によって夢の内容が変わる!」って研究が意外と多いことに気づきまして。

 

 

まず楽しいのが2004年の実験(1)で、63人の参加者全員の寝方を調べたうえで、夢を思い出す能力や悪夢を見る回数などをチェックしたんですね。その結果は、

 

  • 体の左側を下にして寝る人の40.9%が悪夢を見やすい傾向があった
  • 体の右側を下にして寝る人のほうが、やすらぎや安心感を抱く傾向があった
  • 体の左側よりも右側を下にして寝るほうが睡眠の質は高かった

 

 といった感じ。サイズが小さい研究ではありますが、研究者は「寝相は睡眠の質と夢に関係がある!」と結論しております。試しに今日から右側を下にして寝てみるか…。



 

もうひとつは2012年に中国で行われた研究(2)で、670人の参加者に性格テストを行ったうえで、寝相と夢の関係を調べたんですな。その結果だけを抜き出すと、

 

  • うつぶせの姿勢で寝る人ほどポジティブで鮮明な夢を見やすい
  • うつぶせで寝ると、特にエロい夢を見やすくなる
  • パーソナリティの違いは夢の内容に影響しない

 

みたいな感じです。研究者によれば寝相で夢が変わる理由はよくわからないものの、「寝相が夢を左右するのは間違いない!」とのこと。なんとも不思議な現象ですが、明晰夢を見やすい人はうつぶせ寝が多いって話もありまして、寝相で夢が変わるケースは珍しくないみたい。

 

 

ちょっと前には「『横向き寝』で脳のゴミ掃除のスピードがアップする」ってデータも出てましたし、とりあえず右向き寝を試すことにしますかねー。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS