Loading...

自然が多い場所で暮らすと、なぜ人は病気で死ににくくなるのか?

Houses 1

 

自然の中を歩くと幸福になる!」とか「自然の写真を見るだけでもストレスが減る!」なんてデータがありましたが、今度は「自然のなかで暮らすと長生きに!がんの死亡率も下がる!」って論文(1)が出まして、これがまたなんとも興味深い。

 

 

これはハーバードのブリガム病院による研究で、2000〜2008年のあいだに108,630人の女性を調べた健康データを使ったもの。全員の住居を「周囲に自然が多いかどうか」で分類して、病気の発症率とくらべたんですね。

 

 

その結果、自然が多いエリアに住んでいる人たちは、都市部に住んでいる人にくらべて、

 

  • 呼吸器系の病気で死ぬ確率が34%減少!
  • がんで死ぬ確率が13%減少!

 

といった差が出たらしい。がんの死亡率まで下がるとは、なかなか驚きであります。

 

 

 

 



研究者いわく、

 

自然と触れ合える環境と死亡率の低下には明確な相関がある。ここまではっきりした関連性が出てくるとは思わなかった。

 

とのこと。予想を超える効果だったみたいですね。

 

 

こういった現象が起きる理由としては、

 

 

といった原因があるわけですが、なによりも影響が大きいのがメンタルヘルスの改善効果らしい。

 

さらに驚いたのは、自然の多い環境で健康が改善する理由は、メンタルヘルスの改善によるところが非常に大きかったことだ。

 

今回の計算によれば、自然がもたらすメリットの30%はメンタルの改善が原因だったんだそうな。うーん、自然の効果ってすごい。

 

 

そんなわけで、新宿住まいのわたしとしては耳の痛いデータでありました。せめて定期的にリトリートをするか…。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS