Loading...

出会い系のプロフィールでウソをつく人にありがちな4つのこと

Plofile

 

出会い系サイトについて調べてたら、「プロフィールのウソは見抜ける!」っておもしろいデータ(1)がひっかかたったんでメモしときます。

 



現実のスペックとプロフィールを比べた

これはコーネル大学の2007年論文で、Match.comやYahooパーソナルなどから男女80件分のサンプルを収集。プロフィールの内容と現実のスペックを分析したもの。

 

 

それで何がわかったかと言うと、

 

  • 全体の90%のプロフィールには、なんらかのウソがふくまれていた
  • 男は身長を偽る確率が高く、平均で1.27センチ高く書きがち
  • 女は体重を偽る確率が高く、平均で3.85キロ軽く書きがち

 

まあこのあたりは、誰でも普通に感じてたことかと思います(笑)

 

 

プロフィールのウソにありがちな4つのこと

が、ちょっとおもしろいのが、「プロフィールのウソにはある程度の法則性があるよー」ってとこ。具体的に言うと、

 

  • ウソの部分は表現が短い:「猫が大好きです!」と書くよりも「猫好き」と書いてるほうがウソの可能性は高い。

 

  • 否定形になりがち:「ピアノが上手いです」と書くよりも「ピアノが下手ではない」と書いたりとか

 

  • 一人称が少なくなりがち:「私は」「僕は」といった一人称が異常に少なくなる。まぁ日本語はもともと一人称をあんま使わないので、このポイントは当てはまりづらいかもですが。

 

  • ボンヤリとしたポジティブ表現が増えがち:「人生を楽しむのが好き!」「もっと自分を磨かないと!」みたいな、薄ぼんやりとした意識高い系みたいなやつ。

 

って感じ。なんとなくわかりますねぇ。

 

 

ポイントはリアルの自分との距離感 

ここでのポイントは、「本当の自分との距離感を出したい!」って欲望がにじみ出てるかどうかでしょう。リアルの自分とネットの自分を切り離したいからこそ一人称が減り、断定表現を避け、フワっとした表現が多くなるんでしょうな。

 

 

ってことで、なんとなく直感で「フワフワしたプロフィールだなぁ…」と感じた場合は、そこにウソが書かれている可能性があるかも。人様のプロフを見るときは、まず「距離感への欲望」が出ていないかって視点でチェックしてみると、おもしろいかもしれません。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。