Loading...

本当にハゲに効くアイテムはどれだ?のメタ分析が出たぞー

NewImage

 

 本当に育毛に効くアイテムはどれだ?

薄毛に効くアイテムといえば、ロゲインかプロペシアが定番中の定番。さらに加えて、近年では低出力レーザー治療などにもFDAが認可を出しております。いまんとこ、この3つがハゲ治療の基本だと言えるでしょう。

 

 

で、ここで気になるのが「どれがどれぐらい効くの?」みたいなとこ。いくら効くとは言われても、実は統計的に微妙な差しかないケースはよくありますんで(特にトクホの世界で)。

 

 

 ってところで、近ごろ「育毛法の効果を徹底的に調べたよ!」って論文(1)が出まして、かなり良い感じでした。

 

 



ミノキシジルやレーザー療法のメタ分析を行った

これはニューファンドランドメモリアル大学の研究で、過去に行われた育毛実験のなかから、質が高い23件のデータをまとめたメタ分析になっております。つまり、データの信頼性は高め

 

 

具体的にどの育毛法がチェックされたかと言いますと、

 

  • 男性にミノキシジル(ロゲイン)5%
  • 男性にミノキシジル(ロゲイン)2%
  • 女性にミノキシジル(ロゲイン)2%
  • 低出力レーザー療法
  • 男性にフィナステリド(プロペシア)1mg

 

って感じ。

 

 

低出力レーザーとプロペシアが優秀

その結果、

 

  • すべての治療法はプラシーボより効果がある!

 

って結論だったそうな。それぞれの効果をグラフにしてみると、こんな感じ。

 

スクリーンショット 2017 07 11 9 26 06

 

このグラフは「実際に髪はどれだけ蘇るの?」を示したもので、

 

  • ロゲイン5%を1日2回=1cm²あたり14.94本
  • ロゲイン2%を1日2回=1cm²あたり8.11本
  • プロペシア1mgを1日1回=1cm²あたり18.37本
  • 低出力レーザー=1cm²あたり17.66本

 

って内訳になっております。フィナステリドが1位で、低出力レーザーが後を追う状態になってますね。低出力レーザーって意外と実力あったんだなぁ…。

 

 

それぞれの商品の効果の範囲は?

ただ、ここには注意点もありまして、

 

  • プロペシアは男性型脱毛症にしか効かない!
  • ロゲインと低出力レーザー治療は他の脱毛にも効く!

 

って違いがあるのが大事なところ。プロペシアは男性ホルモンの異常による薄毛(女性でもPCOSなどで起きる)にしか効かず、栄養やカロリー不足で起きる脱毛(特に亜鉛とかB12あたりがありがち)には意味がないわけですな。

 

 

その点で、ロゲインと低出力レーザーは頭皮の血流にも作用するんで、わりといろんな原因に効くみたい。まぁ栄養不足からくる脱毛の場合は、まずちゃんとバランスが良い食事をするのが先でしょうが。

 

 

 まとめ

ってことでまとめると、

 

  • 遺伝が原因の薄毛には、ロゲインもプロペシアも低出力レーザーもすべて効く
  • いまのとこ低出力レーザーがわりと万能っぽい

 

って感じです。最近は低出力レーザー治療を行うクリニックも増えてきましたが、ヘアマックスのブラシなども23週間のRCTで良い成績が出てていい感じ(2)。まずはこれを試すのもアリでしょう。

 

 

あとロゲインとプロペシアについては、高いものを買わなくてもジェネリックでOK。ロゲインならカークランド(Kirkland)が5のジェネリックを出してますし、プロペシアはフィナロイド(FinaLloyd)1mgあたりが手頃でいいんじゃないでしょうか。

 

 

 

カークランド(Kirkland)5%

 

 

[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg 

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。