search

機能的な美脚を手に入れたければとにかくしゃがめ!というスクワット研究

 

Leg

 

 良い足を手に入れるためのスクワットのしゃがみ方とは?

筋トレの王様、それはスクワット。というわけで、近ごろチェックしたスクワットに関する論文(1)のお話など。

 

 

これはコペンハーゲン大学病院の実験で、「最高の足を手に入れるにはどんなスクワットがいいの?」ってのがお題になっております。ざっくり言えば、「浅いスクワット」と「深いスクワット」でどれぐらいの違いが出るのかを見たんですな。なんせ、特定のトレーニングだけに的を絞った実験って少ないんで、なかなか貴重ではないかと。

 



深いスクワットと浅いスクワットを比べた

実験の参加者は20代の男性17人で、以下の2グループに分けております。

 

  1. 深いスクワット:ヒザが120°まで曲がるレベル
  2. 浅いスクワット:ヒザが60°まで曲がるレベル

 

すべての期間は14週間で、週に3回ずつスクワットをやってもらったらしい。具体的な方法としては、

 

  • 月曜日=3 × 10RM 〜 6RM
  • 水曜日=3 × 8(13〜14RMで)
  • 金曜日=4 × 5RM 〜 3RM

 

みたいになっております。月曜に普通に筋肉量を増やして、水曜日にちょっと休んで、金曜に筋力をアップさせる感じのメニューっすね。「RMって何?」という方は、「タンパ大学式筋肉トレーニング」などをチェックしていただけると幸甚です。

 

 

深いスクワットの結果が圧勝すぎる

さて、実験後、参加者たちの筋肉量やコラーゲンの量、最大筋力などを図ったら、以下のような結果になりました。

 

スクリーンショット 2018 01 18 23 31 49

うーん、「深いスクワットの方がいいんだろうなー」とは思ってたものの、予想以上に差が出てますね。筋力でも筋肉の増え方でも、とにかく深くスクワットをした方が断然よいとの結果であります。

 

 

ちなみに、差が出なかったポイントとしては、

 

  • 膝蓋腱(ヒザの腱)の太さ
  • コラーゲンの産生量

 

だったそうな。ってことは、ヒザの腱の発達って特に筋力と関係ないってことなんすね。これもちょっと意外。

 

 

まとめ 

そんなわけで、この実験を見る限りは、

 

  • 機能的で見た目がいい足を手に入れたければ限界までしゃがめ!

 

って結論になりましょう。たった17人の実験なんで今後の研究次第では結論がくつがえるかもですが、私も次にジムに行くときは意識したいと思っております。

 

 

ただ、以前に「足の筋肉を鍛える最強のトレーニングとは?」で紹介した研究ですと、ヒザ角度が90度のバーベルスクワットでも十分な違いが出てるようなんで、とりあえず直角になるぐらいを目指せばいいのかもしれませんが。そのへんはまだ謎もあるものの、120度ぐらいしゃがんだ方が「スクワットしてるぜ!」って感覚が強くていいんですよね(笑)


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item