Loading...

ほんのちょっとの睡眠不足でも頭痛や腰痛が激しく悪化するぞ!というイヤーな研究の話

LBP

 

「睡眠不足だと体が痛いなー」って経験は誰にでもありましょう。眠れなかった日はなんか頭が痛かったり、いつもより肩や首が凝ってたりするもんです。

 

 

でもって、その痛みのせいでまた眠れなくなって、次の日にさらに症状が悪化しちゃったりとか。困ったもんですねぇ。

 

 

新しい論文(R)でも、そのへんのことがガッツリ調べられていて、なかなか有用でありました。

 

 

これはカリフォルニア大学などの研究で、25人の健康な男女が対象。睡眠や痛みの問題に 悩んでない人だけを選んだらしい。

 

 

どんな実験だったかといいますと、

 

  1. 十分な睡眠を取った後の被験者の足に熱をあたえて、各自の痛みへの強さをチェック
  2. 今度は被験者を睡眠不足の状態にして、再び足に熱をあたえる

 

って感じです。だいたい44度ぐらいの熱をあたえて、よく寝たときと睡眠が足りない状態でどんな違いが出たのかをチェックしたわけですな。

 

 

で、結果は、

 

全体をとおして、被験者は低い温度でも不快感を感じるようになった。 これは、睡眠不足のせいで痛みへの感受性が増したせいだと考えられる。

 

客観的な痛みのレベルは同じだ。しかし、十分な睡眠を取れていない状態では、脳が不快感をより強いものとして判断するようになる。

 

だったそうです。寝てない人の脳内では不快感を感じるエリアがいつもより激しく活性化し、なんと126%も痛みに弱くなっていたそうな。これはすごいっすねー。

 

Pain

 

また、この実験では観察研究もやってまして、ネットで230人の男女を集めて、

 

  1. 毎日どれぐらいちゃんと眠れたか?
  2. それから2〜3日で体の痛みはどう変化したか?

 

といった内容をチェック。その上で2つの相関を調べたところ、

 

結果は明白だった。ほんの少し睡眠の質が下がっただけでも、被験者の翌日の痛みは明らかに増大していた。

 

だったそうな。ここでいう「ほんの少しの睡眠悪化」がどんなもんかと言いますと、

 

たいていの人が、「何の問題もないだろう」と思うぐらいのレベルだ。

 

みたいな感じだったそうです。とにかく、いつもよりちょっと睡眠が足りなくなっただけでも、激しく痛みに弱くなっちゃうわけですね。怖いですなぁ。

 

 

そんなわけで、肩こり、腰痛、頭痛、関節痛といった慢性的な不快感にお悩みの方は、「少し睡眠不足になっただけでもヤバいのだ!」と肝に銘じておくと吉。痛みに悩まされないためにも、ガッツリと睡眠環境を整えていきたいところです。

 

 

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item