Loading...

今週の小ネタ:ダイエットは伝染する、IQが25%も下がっちゃうアレの話、男のモテ度がわかる"アレ"とは?

Summary

ひとつのエントリにするほどでもないけど、なんとなく興味深い論文を紹介するコーナーです。

健康的なライフスタイルは伝染する!

まずはコネチカット大学などの研究(R)で、「ダイエットは伝染する!」って効果を調べた内容になっております。

 

 

130組のカップルを対象にした論文でして、全体を2つのグループに分けております。

 

  1. カップルのどちらかに、ウェイトウォッチャーズというアメリカで定番のダイエットプログラムに参加してもらう
  2. カップルのどちらかに、健康的な食事や運動について書かれたパンフレットをわたす

 

それで6カ月後にどんな結果が出たかと言いますと、

 

  • どっちのグループも、ダイエットに”参加していない”ほうも痩せた!

 

だったそうな。夫がダイエットにはげめば何もしてない妻も自動的に痩せ、妻の場合は夫の体重が落ちる傾向が見られたわけですね。

 

 

全体的には、ダイエットに参加していないほうは6カ月で3%ほど体重が落ちたそうで、なんにも減量を意識してないわりにはなかなかの結果じゃないでしょうか。

 

 

研究チームいわく、

 

カップルのどちらかが行動を変えれば、減量の波は近しい人にも広がっていく。健康的な行動は、あなたの人生における大事な人にもメリットがあるのだ。

 

とのこと。人間は他人の影響を強く受けやすい生き物ですが、健康的なライフスタイルも自然と伝染していくわけっすな。周囲にも良い影響が!とか思いながら食事を改善していくのは、本人のモチベーションもあがってよさげですねー。

 

 

 

“あれ”でIQが25%も下がっちゃうぞ!

続いてはあのバウマイスター先生の研究(R)で、被験者にパーソナリティテストを受けてもらったあと、全体を3つのグループに分けております。

 

  1. 「テストの結果、あなたは人生をとおして豊かな人間関係を結び続けるタイプだとわかりました。友達の数に困ることはないでしょう」と伝える
  2. 「テストの結果、あなたは最終的には孤独な人生を送るタイプだとわかりました。いまは友達がいたとしても、30代には孤独になるはずです」と伝える
  3. 「「テストの結果、あなたは事故にあいやすいタイプだとわかりました。今後も足や手の骨を折るかもしれません」と伝える

 

もちろん、研究者が伝えた「テストの結果」はまったくのデタラメ。この実験の真の目的は、「あなたは友達がいなくなる」と言われたらどんな変化が起きるか?を調べるところにあったんですな。

 

 

でもって、それからみんなのIQをチェックしたところ、こんな傾向が確認されました。

 

  • 「孤独な人生を送るタイプ」と言われたグループは、論理的な推測力が30%も下がり、IQも25%低下していた

 

孤独は良くない!とこれまでもさんざん書いてきましたけど、「俺は将来は孤独になるんだなぁ……」とイメージしただけでも頭が悪くなっちゃうものなんですなぁ。それぐらい孤独は脳と体に良くないのだと申せましょう。

 

 

“あれ”が強い人はモテモテだ!という研究

 

最後はオールバニー大学の研究(R)で、まずは男子学生82人の握手の強さをチェック。そのうえで全員に過去の性体験の回数をたずねて、握力の数値と比較したんですな。

 


その結果、こんな感じでした。

 

  •  握手が強い学生のほうが初体験の時期が早い
  •  性的パートナーの数も多い
  •  過去に弱い者いじめをしていた確率が高い


ってことで、握力がある人はモテる!って傾向があったみたいなんですな。

 

 

このような現象が起きるのは、もちろん握力が強い人ほどと男性ホルモン(テストステロン)も多いからであります。男性ホルモンが多い人ほどモテる!ってのは昔からよくいわれてきた話でして、研究チームはこうコメントしています。

 

手を握る力は、健康のレベルを計る良い指標であり、身体の障害、病気、死亡率の高さと負の相関がある。これは遺伝的な要素がつよく、手を握る力が強いほどテストステロンのレベルが高く、体脂肪も低い傾向がある

 

つまり、握力が強い人ほど健康で長生きしやすいので、女性が無意識のうちにオスとしての優位性を判断し、その結果としてモテモテになるんだ、と。やっぱモテのためにもテストステロンを上げといて損はなさそうですねぇ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item