Loading...

超ワイルドな中国北東の肉料理が食い倒せる「味坊(神田)」の羊肉にシビれた

2015 06 10 17 46 15

神田イチの中華店と噂の「味坊」さんに行ってまいりました。一般的な中華とは異なり、独自の食文化を有する中国北東の料理が楽しめる有名店であります。



2015 06 10 17 08 04

 お店は神田駅の東口を出てガード下を5分ほど進んだ先。本場感がプンプンただようシンプルな店構え。

2015 06 10 17 26 19

東北料理はとにかくワイルドなのが特徴で、まずは豚背骨の煮込みをドカッとオーダー。豚の背骨部分を煮込んでスパイスを効かせた直球な一品です。

2015 06 10 17 27 02

 手袋を使って豪快に手づかみでいただきます。シンプルな見た目ですが、絶妙に八角や魚醤が染み込んでいて、実はかなり手が込んでそうな印象。美味い!

2015 06 10 17 29 22

 看板メニューの1つである羊肉のクミン炒め。 東北料理は羊をよく使うんですが、クミンが生臭さを完全にカバーしております。羊が苦手な方にもぜひチャレンジしていただきたいところ。

2015 06 10 17 29 27

さらに、キュウリとパクチーのピリ辛サラダ。 これまた青一色のシンプルさですが、なぜか異様に美味いんですな。これはダマされたと思ってオーダーしてほしい逸品。

2015 06 10 17 36 54

こちらも有名な羊肉の焼き餃子。やはり臭みがなく、羊の良さだけが味わえるのが凄い。皮も焼き目はサクサク、中はモッチリとしていて、このテクニックもお見事。

2015 06 10 17 41 10

ちなみに、ここはビオワインも有名でして、店内の冷蔵庫から客が好きなものを選ぶシステムになっております。わたしは酒を止めたんで飲みませんでしたが、同行者いわく「これで2,500円はコスパ最強!」とのこと。

2015 06 10 17 51 41

 ちゃんとワインにあう専用プレートも用意されてます。内臓系の干し肉に干し豆腐と落花生といった組み合わせ。 

2015 06 10 17 46 15

さらにビビッたのが羊のスペアリブ。スパイスを効かせた塩漬けの羊がドンと出てきて、やっぱり手づかみでいただきます。ホカホカすぎてしばらく手で持てないのが難点ですが、噛むたびに染み出す肉汁が激烈に美味であります。

2015 06 10 18 51 34

シメに平打麺の炒めを食べてみましたが、これも衝撃の味わい。麺の1枚1枚が外はパリパリ中はモッチリな食感に焼きあがっていて、これは麺料理とはまったく違う別の食べ物ですな。



これだけ食べて、お値段は1人4千円ぐらいでコスパも上々。 ここは大勢で何度でも行きたいなぁ…。



味坊(食べログ)
東京都千代田区鍛冶町2-11-20 1F・2F

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。