このブログを検索

抗生物質ゼロ!パレオダイエッター必須の安全肉「菜彩鶏 むね肉」に惚れた

Jumonji1

わたしのようなアレルギー体質の人間にとって欠かせないのが、安全性の高い食肉選びであります。なにせ、いま市場に出回る食肉の多くは抗生物質が多用されてまして、腸内環境を荒らす可能性が非常に高いんですね。言わずもがな、腸内環境はアンチエイジングの一番ピンでして、こいつが荒れるとリーキーガットとアレルギーが起きちゃう。





ということで、買ってみたのが「菜彩鶏 むね肉」であります。岩手の食肉メーカー「十文字チキンカンパニー」さんの商品で、クオリティには昔から定評があるんですな。もちろん、鶏たちのエサに抗生物質は使っておらず、他の肉よりもビタミンEやリノール酸が豊富らしい。これは期待が持てますなぁ。

 



Jumonji2

パッケージは1個200グラムで、タンパク質の量はおよそ40gぐらい。 計算しやすくてよろしいですね。

Jumonji3

 で、いつものようにロジカルクッキングで調理してみましたが、味のほうも申し分なし。一般的な胸肉よりも弾力とジューシーさがあって、この価格なら大満足であります。もう、我が家の鶏肉はこれでいいや。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

search

ABOUT

自分の写真
1976年生まれ。サイエンスジャーナリストをたしなんでおります。主な著作は「最高の体調」「科学的な適職」「不老長寿メソッド」「無(最高の状態)」など。「パレオチャンネル」(https://ch.nicovideo.jp/paleo)「パレオな商品開発室」(http://cores-ec.site/paleo/)もやってます。さらに詳しいプロフィールは、以下のリンクからどうぞ。