Loading...

アボカド好きの聖地「アボカフェ(神保町)」で絶品アボカドフルコースを食べまくってきた

2015 06 28 20 47 04

 

食べる美容液!」と呼ばれ、パレオダイエットの推奨食材でもあるアボカド。こいつを死ぬほど食いたおせるお店があると聞きまして、神保町の「アボカフェ」さんに行ってまいりました。



2015 06 28 20 33 12

 

お店は神保町駅A5出口から徒歩3分ぐらい。靖国通りから細い路地に入ったビルの3Fで営業しておられます。

 

2015 06 28 21 42 18

 

店内は壁一面がアボカド色。かなりオサレなんで女性も入りやすそうっすね。

 

2015 06 28 20 53 44

 

で、まさにメニューはアボカドづくし。まずはホタテとアボカドのカルパッチョを頼んだら、ドレッシングの上品な酸味がアボカドによくあいます。ホタテの食感との相性もバッチリ。というか、アボカドの食感がトロトロで、上質な素材を使ってるのがよくわかります。

 

2015 06 28 21 04 58

 

サラダも角切りのアボカドがドッサリ。アッサリしたドレッシングに中央の温泉卵がマッチしてますねぇ。野菜もシャキシャキ。

 

2015 06 28 21 13 07

 

さらに驚いたのがアボカドの春巻き。温泉卵をハムと紫蘇で巻いた、風変わりな一品であります。

 

2015 06 28 21 15 49

 

なかは温泉卵がトローリ。これが生ハムの塩気と紫蘇の風味とからみあって激しく美味いんですね。超オススメ。

 

2015 06 28 21 27 22

 

さらに一番人気のスパム丼。1,000円でかなりのボリュームがありまして、女性はシェアしないと食いきれないかも。ほんのり甘いタレがアボカドのトロトロ感を引き立て、そこにスパムの塩気がやってくる感じ。これまたシビれる美味さですなぁ。

 

 

2人で腹いっぱいアボカドを食いたおして料金は5,700円ぐらい。すべての料理のクオリティが高いうえに、コスパもよろしいのではないでしょうか。次回はタイカレーも食べてみたいところ。

 

 

▼アボカフェ




スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。