Loading...

顔の力を抜くだけでも落ち込んだ気分はすぐに良くなる。「ボトックスがうつ病に効く理由」

4345500

 

ボトックスでうつ病が治る!」って話が昔からあるんですよ。

 

 

ボトックスで8倍もうつ病が改善!

ボトックスは美容の世界で使われる神経毒の一種で、筋肉の動きをジャマして目尻や眉間のシワをふせぐ効果を持っております。この定番のシワ取り法が、メンタルまで改善しちゃうというんだから、なかなかおもしろいもんです。

 

 

前から「どんぐらい効くのかなー」と思ってたんですが、近ごろ大規模な調査(1)が行われまして、わりと正確な効果が判明したみたい。

 

 

これはテキサス大の論文で、過去に出たボトックス研究をまとめた系統的レビューになっております。質の高い実験だけを選び抜いて、残った5本の論文を細かく分析したところ、

 

  • ボトックスを受けた患者は、そうでない患者にくらべて8倍もうつ症状が改善する
  • さらにボトックスを受けた患者は、そうでない患者にくらべて4.6倍もうつ症状が寛解した
  • ただし現時点ではハッキリしたデータがないので断言はできない

 

とのこと。データ数は少ないながらも、意外なほどの成果を出してるみたい。ちょっとビックリ。



なぜボトックスで気分が良くなるのか?

ボトックスがメンタルに効く理由は簡単で、不機嫌な表情が取りにくくなるからであります。筋肉がマヒして眉間にシワを寄せられなくなるので、しかめっ面ができなくなっちゃうんですな。

  

その結果、「あれ?眉間にシワがないってことは、いまは不機嫌じゃないんだな」と脳が勘違いを起こして、自然とうつの症状が消えていくわけです。よく「強引に笑顔を作ると気分が良くなる」と言われますが、ボトックスも似たようなメカニズムで精神に働くみたい。

 

 

もうひとつ、眉間のシワとメンタルの関係でおもしろいのが2013年の論文(2)。晴れた日に参加者に散歩してもらったところ、サングラスをかけた人のほうがネガティブな感情を体験しなかったというんですな。つまり、サングラスのおかげで眉間のシワが少なくなり、結果として怒りや哀しみなどの感情が減ったわけです。うーん、おもしろい。

 

 

まとめ 

もちろん「メンタル改善のためにボトックスを打とう!」とは言いませんが(笑)、眉間にシワを寄せるのが癖になってる方は意外と多いので、顔に力が入ってないかを定期的にチェックしてみるのはおすすめ。「寝たまんまヨガ」のような、顔の筋肉に意識を向けるタイプの瞑想を行うのもアリかと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。