Loading...

「成功するから幸せになるんじゃない!幸せな人間が成功するのだ!」って説がどうもウソっぽい件

Happiness 8

 

成功するから幸せになるんじゃない!幸せな人間が成功するのだ!」って説があります。ハーバード大のショーン・エイカー教授が提唱してる話で、TEDの動画などでも有名ですね。

 

 

大規模な調査で「幸福=成功」の公式は確認されたのか?

この説は、エイカーさんが世界51カ国の成功者を調べたデータにもとづいてまして、くわしくは「幸福優位7つの法則」にまとめられております。世界中でバカ売れした本で、当時はわたしも楽しく読んだものです。

 

 

ただしエイカーさんの主張は、ほぼ短期的なデータしか扱ってないのが難点なんですよね。もっと長期的に成功と幸福の関係を調べた調査はないかなーと思ってたら行き着いたのが、2005年の論文であります(1)。

 

 

著者は「人生を「幸せ」に変える10の科学的な方法」で有名なリュボミアスキー博士。ポジティブ心理学の大家と呼ばれる方ですね。

 

 

これは過去に行われた225件の研究データを使った系統的レビューで、参加者の数は75,000人以上。かなり大規模な調査なので、科学的な信頼性もかなり高くなっております。後で知ったんですが、ポジティブ心理学の世界では有名な論文なんだそうな。

 



長期的には幸福と成功は関係がない

さて、肝心のデータは表4にまとまっておりました。わたしが気になったところを並べていきますと、

 

  • 成功レベル:収入や仕事の成績などは、幸福な人のほうが短期的には少しだけ上がる可能性がある(効果量0.20)。しかし、3カ月〜8年の長期的なスパンでみると、幸福の高さと成功レベルはほとんど関係がなくなる(効果量0.05)。
  • 創造性:幸福な人のほうが短期的にほんの少しだけクリエイティビティが上がる(効果量0.24)。しかし、3カ月〜8年の長期的なスパンでみると、幸福の高さと創造性はほとんど関係がなくなる(効果量0.06)。
  • 健康:幸福な人のほうが短期的にほんの少しだけ健康になる(効果量0.32)。しかし、3カ月〜8年の長期的なスパンでみると、幸福の高さと健康はほとんど関係がなくなる(効果量0.09)。

 

といった感じ。1日〜1週間ぐらいは幸福感のおかげで仕事の成績はあがるものの、長期的に見たら、成功レベルや創造性、健康のいずれとも関係がなくなっちゃうみたい。正直、思ったよりも効果が低くてビックリです。

 

  

もっともこの論文では、幸福がヒトの能力を上げたって実験も山ほど紹介されております。たとえば幸福度が高い人たちは、

 

  • 自己開示が上手いのでコミュニケーション力も高くなる
  • 他人との衝突を上手く回避しやすい
  • 他者を助けるケースが多い 

 

といった傾向が高いみたい。その点で幸福には、成功よりもコミュニケーション能力アップの面でアドバンテージがあるとは言えるかも。

 

 

まとめ

そんなわけで現時点では、幸福になれば成功するってわけじゃないと考えたほうがよさそう。ショーン・エイカーさんの本も眉唾で読んだほうがいいかなー、と。

 

 

成功を予測するバロメーターとしては、幸福度よりも「セルフコントロール能力の高さ」のほうが正確っぽいので、個人的にはこちらを信頼していくつもり。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

40才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS