Loading...

モテるためのアルコール量は「ワイングラス2杯・ビールは大ジョッキ1杯まで」だそうな

Drunk

 

酒で自分の印象が良くなる!」って論文(1)がおもしろかったんでメモ。

 

  

これはブリストル大学の実験で、20名ずつの男女を対象にしたもの。全員に酒を飲ませてみて、他人への印象がどう変わるかを調べたらしい。

 

 

実験では、まず以下の3パターンで参加者の顔写真を撮ったんですね。

 

  1. しらふの状態で撮影
  2. 体重1kgあたり0.4gのアルコールを飲んで撮影
  3. 体重1kgあたり0.8gのアルコールを飲んで撮影

 

その後、すべての写真を第三者に見せて、それぞれの「魅力度」を採点してもらったところ、

 

  • ちょっと酒を飲んだほうが、しらふよりもイケメン/美女と思われやすくなる!
  • しかし、酒を飲み過ぎると魅力度アップの効果は消えていく!

 

みたいな感じだったそうな。



体重1kgあたり0.4gのアルコールというのは、

 

  • 体重が70kgの人の場合、
    • ワイングラス2杯
    • ビール大ジョッキ1杯
    • ウィスキーダブル1杯
    • 日本酒1合

 

といったところ。期せずして、健康に害のないアルコール量と同じぐらいの数字になってるのがおもしろいですね。

 

 

研究者いわく、

 

アルコールを飲むと、他人の顔が良く見えるだけでなく、自分の印象も良くなるようだ。その結果、見込みのある異性とうまくいく確率が高くなる。

 

とのこと。手っ取り早く自分の魅力を高めたければ、少量のアルコールで止めておくのがいいわけですな。

 

 

ちなみに、こういった現象が起きる理由はハッキリしてませんが、いまの段階では「アルコールで血流がよくなるから」って説が提唱されております。アルコールで顔が少し赤らむせいで、無意識のうちに脳が「この人は健康体だ!」と判断するんじゃないか、と。女性のチークと同じ仕組みですね。

 

 

そんなわけで、合コンなどではビールを大ジョッキ1杯ぐらいで止めておくと、自分の魅力を最大化できるかも。どうぞよしなに。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS