Loading...

悪玉コレステロールを超悪玉にしないためには「サイズ」が大事

Particle

コレステロールのサイズって? 

コレステロールサイズについてのご質問をいただきました。

 

卵は1日3個の記事で、「コレステロールのサイズが上り」という表現があったのは、どういう意味でしょうか?コレステロールに大きさの差があるのでしょうか?

 

とのこと。似たようなご意見をいくつかいただきましたんで、どうもわかりにくかったみたいです。すんません。

 



コレステロールの粒子サイズも超大事

で、「コレステロールのサイズ」ってのは、専門的には「粒子サイズ」のことです。かつてはコレステロールといえば、

 

  • HDL=血管壁を掃除してくれる善玉
  • LDL=血管壁にこびりつく悪玉

 

って分類がメジャーでしたけども、その後で「サイズも大事!」って考え方が勢力を増してきたんですよね。そもそもコレステロールってのはリポタンパクって粒子でできてまして、この大きさが健康を左右するんじゃないのか、と。

 

 

コレステロールは大きいほど良い

例えば有名なのはカナダの研究(1)で、2103人の男性を5年にわたって調査したら、LDLコレステロールのサイズが小さい人は、心疾患の確率が3倍も高かったとか。すごくざっくり言うと、

 

  • 大きいHDL=血管を掃除する力がさらにアップ!
  • 大きいLDL=血管にこびりつきにくくなる!

 

みたいな感じです。そのため、健康診断ではコレステロールが正常なのに血管がガチガチなケースも普通にあるんですな(2)。なので、単にコレステロール値だけ見てると危険だったり。

 

 

LDLコレステロールのサイズを上げるには?

では、どうすればコレステロールのサイズはデカくなるのか?って話ですが、HDLについては「善玉コレステロールの性能をアップさせる3つのテクニック」を参考にしていただくとして、ここではLDLの話を。LDLを善玉に近づける方法は大きく2つで、

 

  • 精製された糖質を減らす(3)
  • 適度に飽和脂肪酸を食べる(4)

 

を守るのが大事であります。つまり、パレオダイエット地中海式ダイエットをやっとけば、とりあえず心配はないかと。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。