Loading...

冷え性のパレオダイエット的な解決策とは?

Cold

 

冷え性に関するご質問をいただきました。

 

悩みが『冷え性』になります。 私は身長165cm体重51kg体脂肪12%の痩せ型、27歳男性です。

昔から外だと人より手足は基本冷たいです。 寒い外から暖かい部屋に入ったり、お風呂上りによく耳だけ熱くなります。

冷えた外で顔だけ熱くなることがあります。 冷たいのも辛いですが熱いのもまた辛いです。 体の一部だけ熱くなってしまうのも冷え性だとどっかの記事で見かけました。

パレオな解決策はあるでしょうか? 鈴木さんどうぞよろしくお願いします。

 

とのこと。私はまったく「冷え性」で悩んだことがないものの、かなり辛いんだろうなーとは想像いたします。

 

 

で、「パレオな解決策」と言われると困っちゃうんですけど、おそらくパレオダイエットを普通に実践していれば、それなりに改善は見込めるかと思います。というのも、冷え性の原因ってのは、わりと現代生活と遺伝のミスマッチによるとこも多いんですよ。

 

 

というわけで、「冷え性」の原因などをざっくりと。

 



 

冷え性の原因1.痩せすぎ

おそらく質問者さんが寒さに弱いのは、痩せすぎが原因じゃないでしょうか。計算するとBMIが18.7なんで、標準体重の下限ぐらいなんですよね。

 

 

痩せすぎで寒さに弱くなる理由としては、

 

  • 体脂肪が少ない:脂肪がないと断熱できないわけですね。
  • 代謝が下がる:パレオダイエットの教科書」にも書いたとおり、ヒトの体は体重が減ると代謝を下げるようにできております。そのぶん体内に十分な熱が作れないんですな。
  • 筋肉が少ない:筋肉は発熱量が大きいので、少ないほど寒さを感じやすくなる。

 

って3つが大きなところ。そんなわけで、ますは「もっと健康的に体重を増やしたい!という人に送る4つの解決策」を参照しつつ、「初心者向けパレオ式筋トレ」と組み合わせて健康的に太っていただければと思います。

 

 

冷え性の原因2.鉄とビタミンB12不足

冷え性を起こす原因の2番めにありがちなのが「鉄不足」。ご存じのとおり、鉄分は赤血球が酸素を運ぶのを助ける働きをしてるんで、不足すると血流が下がるし栄養も細胞に行かなくなるしで、自然と体温も下がっていっちゃうんですな。

 

 

ついでに、ビタミンB12も赤血球の産生に大事な役割を持ってまして、足りないと貧血が起こりがち。例えばベジタリアンの方などはビタミンB12欠乏になりやすく、意外と寒がりだったりするんですよね(ベジタリアンの方は痩せてるケースが多いのもありそうですが)。

 

 

といっても、サプリで鉄を補うのは酸化が心配だし、ビタミンB12サプリも肌荒れを起こすケースがありますんで、肉や卵、葉物野菜などで補ってもらうのがベター。これもまたパレオ的ですわね。

 

 

冷え性の原因3.甲状腺の異常

甲状腺ってのは、のど仏のちょい下ぐらいにある小さい器官。T3っていうホルモンを分泌して、体の代謝を高める働きを持っております。

 

 

甲状腺の機能は極端なダイエットストレス、鉄不足などで悪化しまして、「甲状腺の異常がもたらす15の恐怖」で書いたような症状をもたらします。このなかには「極端な冷え性」ってのも入ってまして、心当たりがある方は対策するのが吉。具体的には「パレオダイエット的に超優秀な炭水化物」などを取り入れてみてはいかがかと。

 

 

冷え性の原因4.睡眠不足

睡眠不足で体が冷えていくのは有名な話。20人の健康な男女を対象にした2009年の実験(1)でも、眠らない時間が長引くほど心拍数と体温が下がっていく現象が確認されております。

 

 

その理由はまだ明確じゃないんですけど、おそらく「睡眠不足で脂っこいものが食べたくなる」と似たメカニズムが働いてそう。要するに睡眠不足でカラダが危機感をおぼえて、できるだけエネルギーを温存しようと代謝を落としていくんじゃないか、と。

 

 

このあたりは、睡眠改善チェックリストなんかを参考に対策していただければと思います。

 

 

冷え性の原因5.水分不足

体内の水分が体温調節に欠かせないのも有名な話(2)。水分が足りないと、

 

  • 代謝が下がる
  • 皮膚への血流も下がる

 

といった現象が起きて体温調整が難しくなっちゃうんですな。なので、たまに水を多く飲むようにしただけで、ずいぶん冷えが改善する方もいたりします。

 

 

冷え性の原因6.血流不足

特に手足の先が冷たい人にありがちなのが血流不足。心疾患を抱えた人が末端冷え性に悩むケースが多いのは、有名な話かと思います。

 

 

 もし心疾患の疑いがあるならすぐ医者に行ってほしいとこですが、そこまででない場合はHIITSITの手法で心肺機能を高めていただくのがベスト。毛細血管も増えるんで、末端の冷えも改善してくんじゃないかと。

 

 

まとめ

いろいろ 見てきましたが、パレオダイエットのガイドラインを守っているだけでも、ある程度の対策にはなるだろうと思います。私もかつて体重を50キロ以下まで体重を落としたときは寒かったですからねぇ…。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。