Loading...

肌を強引に再生させるピーリングってどうよ?問題

Peeling

 

 ピーリングってどうよ?

こないだ「肌の黒ずみにはハイドロキノン一択!」って話を書いたところ、「サリチル酸はどうなの?」ってご質問をいくつかいただきまして。

 

 

サリチル酸ってのは皮膚の角質をグニャグニャにする作用があるんで、日本だとニキビの治療薬などによく入っております。ニキビ肌の表面にわざとダメージをあたえて、肌の再生機能をうながすわけですね。いわゆるピーリングですな。

 



サリチル酸が色素沈着に効くのは確実

同様に、サリチル酸は肌の黒ずみにも効くことがわかってまして、たとえばニキビや傷のあとに残ったシミを消すのに使われることが多め。1999年の実験(1)では色素沈着が75%ほど改善したなんて結果も出てまして、それなりに定評がある成分ですね。

 

 

このほかにも、ピーリング系だとグリコール酸トリクロロ酢酸とかがメジャーで、いずれも皮膚科なんかで使われております(2)。

 

 

市販のピーリングジェルは低濃度すぎる

ただし、あくまでもわざと肌にダメージをあたえる成分なんで、それだけ危険度も高いのが困り者。そのため、日本製の商品だとサリチル酸が数パーセントしか入ってないケースが多めであります。これでどれだけの効果があるのかは、正直よくわからないところです。

 

 

いっぽうで実際に皮膚科などでピーリングを行う場合は、

 

  • サリチル酸 20〜30%
  • グリコール酸 20〜70%
  • トリクロロ酢酸 10〜25%

 

ぐらいを使うのが普通だったりします。かなりの差ですな。

 

 

自宅で高濃度のピーリングもできますが…

いちおう海外ではこのレベルの濃度の商品も売っていて、日本でも20%のサリチル酸トリクロロ酢酸のホームキットが手に入ったりします。これだけの濃度を使えば、さすがに効果はありましょう。

 

 

ただし、上で取り上げたデータでは一部の患者さんに肌の赤みや乾癬が確認されてまして、やっぱり副作用が気になっちゃうところ。個人的には、ちゃんとクリニックでやってもらうほうをオススメします。

 

 

また、サリチル酸のRCTを見てますと、たいていは4%のハイドロキノンでプレトリートメントを行ってたりします。やはり、あくまでハイドロキノンを基本に使って、それでもダメならピーリング系を考えるぐらいでよいのではないかと。

 

 

まとめ

以上の話をまとめると、

 

  • 日本製のピーリングジェルは意味がなさげ
  • 高濃度のピーリングもできるけど、副作用が怖いからオススメしない
  • やっぱハイドロキノンを先に使おう!

 

って感じですね。どうぞよしなに。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。