Loading...

「読解 評論文キーワード」は受験生じゃなくても必読な件


斎藤哲也編著「読解 評論文キーワード」を読みました。

評論文でよく見かけるキーワード225個を解説した一冊。各テーマごとに実際に入試に出た文章が収録されていて、さぞや編集は大変だったろうなぁ、と。






「グローバリゼーション」やら「自由主義」やら異論反論が多い単語も多いものの、基本的に両論併記な説明になっていてバランスがよいし、ところどころにイラストもはさんであって説明の上手さに感心。


個人的には、

 

  • エートス
  • 近代的自我
  • ア・ポステリオリ
  • ディスクール
  • トポス
  • 脱構築
  • 親密圏


あたりの単語が勉強になりました。風景論とか親密圏とか、そんな議論があるなんて初めて知りましたわ。


そんなわけで、思いっきり高校生むけの本ではありますが、これを読むと「頭がいい人たちは、いまこんなことを考えてるんだな〜」ってことがわかりますし、簡単に頭が良くなったフリができしで、なかなかお得な一冊になっております。わたしのような教養コンプレックスが強い人には特にオススメ(笑)。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。