Loading...

自宅と家財道具をすべて売り払った超ミニマリスト一家の移動生活がクールすぎる

 

写真はアメリカのワークス一家。2009年に結婚して子どもを持ち、カンザス州に寝室が5つある大邸宅を購入したにも関わらず、2011年に家とすべての家財道具を売り払い、キャンピングカーで移動生活を始めたらしい。




現在は、ひたすらアメリカ中の国立公園を移動しながら暮らし、彼らの写真をサイトで公開することで最低限の生活費を稼いでいるそうな。以下がワークス一家のサイト。

1337stream





また、彼らの写真はInstagramでも公開されているんですが、とにかく写真が素晴らしいんですね。あらためてアメリカの凄さを知る思い。

 

 

 

ワークス一家の暮らしぶりはドキュメンタリー作品にもなってまして、その一部が以下の動画であります。なんだか知らないけど泣けてくる。

 

 

 ここまで徹底はできないものの、このミニマルな暮らしぶりには憧れるものがありますねぇ。2007年の映画「イントゥ・ザ・ワイルド」を思い出しましたが、あれもエリートの若者がすべてを捨てて放浪生活を始める姿に、やたらとゾクゾクした気分にさせられる名作でありました(ラストは悲劇なんだけど)。

 

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。