Loading...

どうしても眠れないときは「起き続けるぞ!」と頑張ってみるべし

Asleep

「その科学があなたを変える」でおなじみのオモシロ心理学者、リチャード・ワイズマン博士のYouTubeチャンネル(1)で知った論文(2)。どうしても眠れないときは、逆に「起き続けるぞ!」とがんばったほうが速く寝つけるらしい。

 








これはグラスゴー大学の実験で、参加者は不眠症の患者さんたちが34人。全員を2つのグループにわけたうえで、それぞれ以下の指示を14日間にわたって実行してもらったんですね。

  1. どうにか眠れるように頑張ってもらう
  2. できるだけ起き続けるように頑張ってもらう


その結果は明白で、起き続けるように頑張った参加者ほど、結果的には眠りに入るスピードが速くなったらしい。


これは、心理学的には「逆説思考」と呼ばれるテクニックだそうで、ポイントとしては、

  • できるだけ目を閉じないようにする
  • 横になる以外は何もしない(TVやスマホは絶対NG)


の2点が大事とのこと。どうも、眠ろうと頑張るほど「眠れない自分」に意識が向いてあせっちゃうのが、起きようと集中することで気がそれてリラックスできるらしい。


以前に、足りないものに意識が向かうほど何も上手くいかなくなっちゃう「欠乏の罠」についてご紹介しましたが、ちょっと似たものがありますね。睡眠に関しても欠乏の心理は適用できるってことなのかも。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。