Loading...

「考えるな!感じろ!」の正しさが脳科学的に証明される

Lee

「考えるな!感じろ!」といえば、ご存じブルース・リー先生の名言。新しくスタンフォード大学から出た論文(1)によれば、ことクリエイティブの能力に関しては、この言葉は脳科学的に正しいらしい。





これは30人の男女を対象にした実験で、 全員にイラストを使ったジェスチャーゲームで遊ばせて、その間の脳の活動をMRIで記録したもの。具体的には、以下のように「浮遊(Levitate)」や「疲労(Exhaust)」といったお題をあたえられたうえで、自由にその内容を絵で描いてもらったわけですね。

Cerebellum role in creativity
で、そのあとでイラストのオリジナリティや描き込みの量などをもとに、それぞれのクリエイティビティを採点。MRIのデータとくらべたところ、小脳の活動量が高い参加者ほどクリエイティビティのレベルも高かったんだそうな。


小脳は、おもに運動機能をコントロールしてまして、いままでは「生きるためには必要だけど、思考や発想にはあんま重要じゃないよね〜」とも言われてきたエリア。それが、実は良いアイデアを出すためにも役立ってたんだ、と。


研究者いわく、

小脳は、他の脳のエリアとの調整所として働いている可能性が高い。そのおかげで、大脳はより効率よく働くことができるのだ。


とのこと。いったん意識が処理したデータを、小脳が無意識のうちに管理できるようにして、大脳の負担を減らしてあげてるわけですね。まことにありがたいことです。


さらに研究者いわく、

意図的にクリエイティブになろうとしても、通常はあまり上手くいかない。創造性を高めようとしてがんばると、大脳のスイッチがオンになってしまう。良いアイデアを得るには、この機能はオフにしなければならない。つまり、考えれば考えるるほど、上手くいかなくなるのだ


とのこと。 やはりリー先生の見解は正しかったようですが、いっぽう意思決定の場面においては、論理的に考えて選択したほうが人生の満足度も高く日常のストレスも少ないってデータもありますんで、そのあたりの使いわけには慎重になりたいところ。日常的には直感に従ってアイデアを生み、そのアイデアを論理で育てていくのがよさげですかねー。


credit : Frankie Chu 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。