Loading...

うつ病の根本原因「反すう思考」が、自然の中を歩くとストップする

Forest

  

ちょい前に「自然の風景はメンタルに効く!」って話を書きましたが、近ごろスタンフォードから出た論文(1)によれば、森や木々のなかを歩くだけでも、かなりうつ病の改善につながるそうな。

 

 

これは、38名の男女を対象にした実験で、まずはアンケートと脳スキャンで全員の「反すう思考」をチェックしたんですね。反すう思考は、うつ病の一番の原因と言われてまして、以前に書いた説明を再掲しますと、

 

うつ病の一番の原因は『反すう思考』だ!」って説があります。


「反すう」とは、牛が胃から草を口にもどして何度もクチャクチャ噛む行為を指しますが、うつ病や不安症の「反すう」は、自分の欠点や過去の失敗を何度もイジイジと考え続けることを意味しております。この傾向が強い人ほど抑うつや不安に苦しみやすいのは、いろんなデータでもハッキリ出てるんですな。

 

 といった感じ。この状態が続くと、どんどん負のスパイラルにハマっていき、ネガティブ思考が強くなっていっちゃう。その結果、友人が離れていったり、思考能力が下がってしまったりと、さまざまな問題を引き起こすことが知られております。



 

で、今回の実験では、全員の「反すう思考」レベルを調べたあとで、90分ほど自然のなかを歩いてもらったんですね。すると、大半の参加者は散歩中に「反すう思考」の回数が減りまして、前頭前野の活動も低下していた(≒あまり悩まなくなった)んだそうな。

 

 

研究者いわく、

 

今回の結果により、自然がメンタルヘルスを改善する仕組みがあきらかになった。都市部においても、できるだけ自然と触れ合える環境を作ることは、メンタルヘルスにおいて最重要な課題になるかもしれない。

 

とのこと。さらに、

 

私たちは、人類史上で類を見ない時代に生きている。かつて、これほど多くの人間が都市に住んだことはなかった。そして、これほど多くの人間が自然から切り離されたこともなかった。

 

とのことで、かなりパレオダイエット的なテーマが浮かび上がっております。といっても、わたしもここ最近は自宅にこもりっきりで仕事をしてるので、なんか対策を取りませんと…。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。